コストコのホットドッグバンズ(フジパン)とは?レシピやコッペパンと違う?

コストコのベーカリーのパンコーナーとは別に、市販のパンなどコストコで直接作っていない色々なパンの種類が置いてあるコーナーがあります。

その中のひとつにフジパンのホットドッグバンズがあります。

ホットドッグバンズ(フジパン)

価格は見た目より安いのですが、コストコのホットドッグバンズ(フジパン)は使いやすい、食べやすいのでしょうか?

また、ホットドッグバンズは、そもそも一体どんなパンなのでしょうか?

スポンサーリンク

ホットドッグバンズは、コッペパンと違う?

コッペパンとは、紡錘形で底の平たいパンで、例えば学校によって給食に出たりします。アメリカやコストコで販売されているホットドッグバンズとほぼ同じ形ですが

コッペパンは一般的にパンの中腹に切れ目がないタイプ(全てではありませんが)、一方、ホットドッグバンズは切れ目があるタイプが多いでしょうか。

いずれもパンの横腹を真ん中で一直線に切れば、中に色々な具材やトッピングを入れて美味しく食べられるのが共通ですね。

ホットドッグバンズ(フジパン)

ホットドッグバンズの『バンズ』とは?レシピは?

ウイキによると、バンズ(buns)は、甘味または塩味が少ない丸パンのこと。本来は単体で使い複数形のバンズではなく、バン(bun)、例えば中華まんや蒸しパンのことをスチームド・バン(steamed bun)みたいになります。←単体(複数形のsは付いていない)

ホットドッグバンやハンバーガーバンなど具材を挟むものは「バンズ」となります。

また、ビッグマックのような『ボリュームのあるハンバーガー』は言い方が特別になり、、真ん中に入ってるバンは「クラブ」と言います。

下記の写真が、昼食で食べたビックマックで、白枠内のパンが「クラブ」になります。

ビックマック

ちなみに、ハンバーガーバンの場合、上部は英語で「クラウン」(crown、「冠部」)

下部は「ヒール」(heel、「かかと」)と呼ばれ、なんだか英単語のオンパレードになっていますが

これらは1個のバンをスライスしたものなので、1対を a bun と単数で呼びます。

コストコのホットドッグバンズ(フジパン)のレシピは?

昼食でも朝食でも軽く野菜やチーズをはさむと、もうしっかりしたホットドッグに仕上がります。もっと簡単なものであれば、バターやマーガリンを切れ目の中に入れると、意外と美味しいですね。

下の写真のように軽く焼いてもいいですね。チーズが溶けて・・・

コストコのホットドッグバンズ

ジャムやチョコレート、生クリームも最高でしょうか。(ただし、甘いものであればあるだけカロリーはありそうです。笑)

最初から切れ目がついているので、その切れ目に野菜やソーセージ、マヨネーズ、ケチャプ、レタス、きゅうり、トマト、カラシなど好きなトッピングや野菜など準備しておいて入れるだけでサンドイッチのように、さきほどとは正反対にヘルシー、手軽で簡単に食べられます。

コストコのホットドッグバンズを焼いた後

ホットドッグバンズレシピの幅が無限大に広がるということになります。

コストコのホットドッグバンズを焼いた後のトッピング

パンの味自体も強くないので、トッピング次第で色々な味が楽しめるのがいいわけですね。
ホットドッグバンズ(フジパン)

6本入りで税込180円

トッピングの一つとしてコストコで販売されている、『串付きフランク』(丸大食品)業務用があります。10本入りだから使いやすい。焼いて食べるのも良し、ホットドッグバンズに入れて食べるのにも最適です。

関連記事:ホットドッグバンズに入れて食べられるトッピング!

切れ目入り「串付きフランク10本入り」(丸大食品)を、おいしく食べる方法は?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です