コストコのティラミスを購入!食べてみた感想、味と甘さ、美味しさは?

コストコのティラミスは絶対買わないだろうとしていたティラミス。しかし結局は購入したのです。

コストコのティラミスを買いたくなかった理由は?

どうして、なぜティラミスを買わなかった~?

そしてなぜティラミス購入した~?と普通なりますよね。

スポンサーリンク

コストコのティラミスを購入したくなかった理由は?

買いたくなかった理由はただ1つ、あの圧倒的なボリューム感です。普通は絶対に買わないだろうと思われます。(人によっては違うことは前提に入れておきますね。)まさしく業務用です、と言っても過言ではないでしょうか。また、業務用だとあの容器には入れないですね。

コストコのティラミス外観

お皿に盛ると分かりますが、今のコストコのティラミスの容器でお客様に出すティラミスを提供する場合は、きれいにお皿に盛りづらく多少崩れる(初めてやってみたせいか)

例えば、仮に皿に盛って立てみると・・・

ティラミスを皿に立てると

業務用だと店によっては底から高さまで今の容器の1/2程度以下で、面積は逆に4倍程度の平パレットのようなサイズを使ったりします。(深掘りできる道具があれば別ですね)

コストコで万一、それが甘いティラミスに出会って、一口、二口食べて進めていくともたれると最悪の状態が目に見えてくるわけですね。

かなり残るので返品でしょうか?・・それが嫌なので、ずっーと買わずにいたのです。

そして今後も絶対買わないアイテムだと完全に決め込んでいました。

それが、どうでしょう♪、匠の技が♪・・・ではない。笑

コストコのティラミスを購入した理由は?

それは、匠の技ではなく、答えはコストコ名物の『試食』だったのです。

コストコの試食はよくするほうですが、たまたまティラミスの試食があって、もらって食べると、意外や意外、すっーと食べられたのです。しかも軽めに・・

そして、甘さも思っていたよりも甘くもなく、イケました。(もちろん、ケーキだから甘さはあります)さらに、マスカルポーネが入っていたのです。

ティラミスのマスカルポーネ

ティラミスと言えば、マスカルポーネは、その代名詞みたいなものですね。

あの圧倒的なボリューム感を見れば、マスカルポーネが使っていようが、使っていまいが、マスカルポーネを使っているのかどうかは、記憶の片隅から完全に飛んでいました。

どうみても大家族か、ギャル曽根ちゃんでない限り・・・と思って、購入リストからは完璧に対象外で、見るもののそのままスルーでした。

コストコのティラミスを食べた感想、味と甘さ、美味しさはどうだったのか?

関心事は甘さファースト。

もし万一食べてみて甘いだけであれば、後はどうするの~?になります。

でも事前に食べていたのでイケると思いつつも、あれだけの量なので、残った後はどうなるの~が一番心配事に。

そこはタキシードケーキで冷凍作戦を実施していたので、余れば冷凍庫で保管が支えとなって購入につながったのです。(しかも、当面の間は残るだろうと、小分けして置いた冷凍のタキシードケーキはもう完食に。甘いもの好き?笑)

そして、肝心のコストコのティラミスを食べた感想は・・・ですが、まず甘さは見た目より甘くない。どの程度の甘さなのか、コストコのケーキー類を登場させると・・・

ティラミスを皿に盛って寝せると・・↓

コストコのティラミスを皿に盛る

甘いもの順のベスト3は?

1.タキシードケーキ

2.クリスマスロールケーキ

3.ティラミス

なので、ティラミスはそんなには甘くありません。もちろん、量を食べるとどのケーキでも甘さが増して飽きることは付け加えておきますね。

では、風味は?・・ココアパウダーの苦さがケーキの少しある甘さを打ち消しています。ココアの風味がスパイシー風になって、鼻を通り香りとともに生かされています。上品な感じですね。

クリスマスロールケーキでは逆のパターンで、マスカルポーネの甘さ抑えをブラウニーの強い甘さとクリームで強めているようにも感じたので残念でしたが。

味は、ティラミスとして成り立っているので、味はいいですね。

一口食べるたびに、全体的にココアの風味が香り、大人のデザートみたいに感じられると言えば大げさかもしれませんが、切り出したティラミスを一度に抵抗なくペロリと食べられてしまうのはこれも意外でした。

ティラミスを切り出す

(ティラミスを切り出した後は、皿に寝かせて盛るのがベスト↑、底をスプーンでかき取るとひどい状態になるので別の道具で)

それなら、コストコのティラミスが今の量の半分、価格も半分で容器を変えれば、メチャクチャ売れるのでは?と思ってしまうほど。

体にあった?欧米や海外の人向け、大家族向けみたいなイメージかもしれません。

そして、甘いもの好きな人にとっては決して外せない、マストアイテムでしょうか?

それと、年末年始や、お正月にみんなが大勢いる場合、おせちとは別に控えて側にいるだけでも甘い物好きには、うれしいですね。ただし、カロリーも考えて程々に召し上がるのがベスト。余れば小分けにしてラップに包むなど冷凍にしておけば1ケ月間は楽しめそうです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です