クイジナート コーヒーメーカーでドリップ式コーヒーを楽しむには?

クイジナート コーヒーメーカーで美味しいコーヒーを飲むため、今回はスタバとは違うコーヒー豆からドリップ式で飲みました。

コーヒー豆は挽いた粉の粗さとお湯の温度でコーヒーの味の変化が楽しめます。コーヒー豆の粉が細かいほど味全体は濃くなり、苦味が強くなります。反対に、コーヒー豆から挽いた粉が粗ければ、それだけ味はあっさり柔らかくなって全体的に薄めのコーヒーになります。

クイジナートコーヒーメーカーで飲むドリップ式コーヒー

クイジナート コーヒーメーカーを利用して、今回は豆から挽いて飲むのでなく、豆から既に挽いてあるコーヒーの粉を使ってドリップ式で飲みました。(色々なスタイルで飲むのもいいですね)

コストコで購入したクイジナートコーヒーメーカーには、豆を挽く場合は、粗さ、細かさを調整することができます。ただし、フィルター内に注ぐお湯の温度は自動で設定されています。

スポンサーリンク

コーヒー豆の粗さ、細かさ、注ぐお湯の温度高さ、低さは味の濃淡と苦味にどう影響する?

コーヒーに入れるお湯の温度は特にコーヒー豆から挽いた粉はドリップ式で威力を発揮します。お湯の入れかたによっても変わりますが、温度が高いとコーヒーの味全体は濃くなって、反対にお湯の温度が低いと味はあっさり系で薄めのコーヒーに仕上がります。

コーヒー豆を挽いた粉の粗さ細かさと、入れるお湯の温度とコーヒーの味の濃い、薄い、苦さとの関係は・・

コーヒー粗挽き 味は薄め、あっさり、柔らかめ、苦味は抑えめ
コーヒー細挽き 味は濃い目、苦味は強くなる
お湯の温度が高い 味は濃く、苦味は強くなる
お湯温度が低い 味は薄く、あっさり柔らかめ、苦味を抑えめ

ポットのお湯がまだ、熱くないうちにコーヒードリップのフィルターにお湯を入れた経験がある人もいるかもしれませんね。そうすると、コーヒーは薄くなっているのに気づくと思います。それですね。お湯の温度が低いとなかなか風味は出にくくなります。お湯の温度にもよりますが。

自身は薄めのあっさり系、酸味も苦味も少ないのが好きなので、コーヒー豆は比較的粗くして温度は低くしてドリップするのが好みかもしれません。

コーヒーを入れるお湯の温度は80度プラスマイナス2度程度の範囲がいいとされています。後は飲んでみてのお好みに応じて、その温度から調整して上げ下げしていけばいいでしょうか。

今回のコーヒーの粉は、エチオピア イルガチェフ モカを購入、まろやかで苦味は抑えたオーガニック(有機JAS認証生豆使用)コーヒー。酸味、苦味が少ないため、ドリップして飲むと落ち着きが感じられる柔らかいコーヒーを使用。

コーヒー豆から挽いてある粉を使う

それと、インドネシア マンデリン ブルーリントンのコーヒーは苦味のあるタイプのコーヒー。

酸味や苦味がどの程度あるかが、購入する際の最初の基準にしています。ハンドドリップで入れると苦味と酸味をバランス良くコーヒーが入れられるようですが、これはコーヒー通の楽しみ方の一つですね。

お店で購入するコーヒーは豆からと豆を粉に挽いてもらってドリップ用に飲むコーヒーとしましたが、お気に入りの一つだったのは、コーヒー袋を開封するとどうしても劣化が始まるので、真空パックや焙煎したコーヒー豆から出る炭酸ガスを袋の外に出す逆止弁付きの袋の中に入れてもらって、炭酸ガスを袋の外に出してコーヒー豆の酸化を防ぐ仕組みになっているので、比較的新鮮に飲めます。

出来たてのドリップ式コーヒー

ジップロック式のチャックになっているので、いつでもいい香りのコーヒーが楽しめ、今回は、豆を直接挽かずに挽いてもらったコーヒーの粉をフィルターを通して飲んだので、これはこれでいいと思います。

香りを保ったまま、コーヒーのフィルターを通して飲んだ後もフィルターごと廃棄するだけで済むので手間がかからない、後片付けが楽なので助かります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です