グリル・ブラッツを購入、ソーセージを焼く・レンジで温めて調理!味と感想は?

スポンサーリンク

全米No.1ソーセージ、ジョンソンヴィルとは?

ジョンソンヴィルは、全米No.1ソーセージブランドメーカーで

原材料に対する強いこだわりがあり

ソーセージに使用されるのは
新鮮な生のひき肉のみでスパイスも世界で厳選したスパイスを使い

ソーセージの肉の味わいを引き出し

こだわりを持って作っているソーセージのようです。

その中でも今回購入したグリル・ブラッツ オリジナル ソーセージ

グリル・ブラッツ オリジナルソーセージ

2パックのお得パッケージで購入しました。
普通のスーパーでの半値くらいです。

ジョンソンヴィルによると
そのスタイルと、こだわりは

「新鮮な豚ひき肉に秘伝のスパイスを加えて
じっくり焼き上げたプレミアムソーセージ」

としています。

グリル・ブラッツ ソーセージの調理方法は?

調理としては焼く、蒸す、茹でるがあります。

それぞれの調理法で試してみるのもいいかもしれません。

今回、実際に購入して夕食で食べました。

電子レンジで調理したグリル・ブラッツと

ブラッツを電子レンジで温める
フライパンで焼いたグリル・ブラッツの調理方法で試して食べました。

ブラッツソーセージをフライパンで焼く

フライパンで焼き始め↑(切り目は無いので入れるといいですね)

焼いたソーセージは
脂分が表に出て、ちょっとひつこい感じはしました。

電子レンジは焼いたまではいかなくても、脂分は感じられるので

茹でるソーセージは、案外ひつこさは少なくなっているかもしれません。

食べてみた食感、味、感想は?

食感は、ガッツリ食べごたえは十分にあります。

ボリューム感、重さもあり、ひき肉が十分詰まっている感じ。

イメージ的には、アメリカの人には
とてもガッツリ感と肉厚は合いそうで

濃い目の味付けとでも言えるかもしれません。

ブラッツソーセージ試食

(写真拡大では少々グロい!かもです。)

でも、本来は

ジョンソンヴィル グリル・ブラッツ

上記のように、かっこいい!(ジョンソンヴィルホームページより)

全体的に通しては、日本のソーセージ・ウインナーより

塩分は少々きつ目で脂分・ジューシーさが感じられるソーセージ
濃厚さはこちらに軍配が上がります。

ご飯といっしょに食べましたが
せいぜい2本、頑張って3本が精一杯といったところ。

4本は無理みたいな感じです。
(人によっては1本でも十分かもしれません)

かなり肉厚でひき肉がたっぷり・十二分に感じられるソーセージ。

自身は、かなりソーセージ好きなのですが
それでも満腹感・ボリューム感があるので

ご飯といっしょに食べていても

塩分と脂分が、良く言えばジューシーさが
とても感じられるソーセージと言えるでしょうか。

濃厚さが好きな方にはいいかもしれませんが

シンプル・薄味好みの人では
ちょっとせいぜい1本が丁度といったところです。

屋外のバーベキューで
グリルしながらビールなどとは相性はいいかもしれません。

オススメ度は、5でしょうか。

ただ、レシピ次第では、美味しくいただけると思います。
(野菜たっぷりに合う!)

ブラッツソーセージレシピ

たとえば、ハンバーガー風に
グリル・ブラッツにレタスをたっぷり巻いて

トマトの薄切りを挟んで食べるのは
油こっさを中和する意味でもいいコンビネーションでしょうか。

ジョンソンヴィル グリル・ブラッツ オリジナルソーセージ

栄養成分: (100gあたり)は
エネルギー …319kcal
たんぱく質 …17.3g
脂 質 …26.8g
炭水化物 …2.1g
ナトリウム …1110mg
食塩相当量 …2.8g

原材料名:豚肉、糖類(粉あめ、ぶどう糖)

食塩、pH調整剤、調味料(アミノ酸)

香辛料抽出物、(原材料の一部に大豆を含む)

コストコのグリル・ブラッツ オリジナル ソーセージでした。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です