プライムビーフ・サーロインニューヨークカットを購入!食べた食感は?

スポンサーリンク

プライムビーフステーキ(サーロイン・ステーキ)を、ついにコストコで購入!

プライムビーフ・サーロインニューヨークカットを購入して食べました!

サーロイン・ステーキは、いつかコストコで購入して食べてみたかったビーフステーキの一つ。あの厚みのあるビーフステーキは、そうおいそれと購入できないステーキです。

このクリスマスにでしかチャンスがないと思い、プライムビーフ・サーロイン・ニューヨークカットで最高級のサーロインステーキを選択することにしたのです。

プライムビーフ・サーロインニューヨークカット

なんと、アメリカン・ビーフの中の超最高級牛肉でもあるプライム(Prime)を購入してしまいました。(当初は予定なしでしたが)

プライムは文字通り最高位のグレードの牛肉で、アメリカン・ビーフの格付けでは最上位に位置するものなのです。

全米でも2%くらいしか取り扱いのない超貴重なアメリカン・ビーフステーキとのことです。

プライムビーフサーロインステーキ

正直、かなり迷いました。当初はある程度の厚さのある牛肉のステーキを4,000円程度の予算で購入するつもりでしたが、どれもが、そこそこの値段がします。

ショーケースを見たり、話を聞く上で、同じサーロインステーキでも、飛び抜けた最高級品質の牛肉ステーキに心が完全に動かされてしまい

プライムビーフ・サーロインニューヨークカット

クリスマスにかこつけて、予算オーバーながら購入したのです。汗

もちろん、次の格付け(グレード)のステーキはチョイス(CHOICE)でも高級牛肉なわけですが、どうせ、クリスマスに買うならこの際だからと言うことで、完全に清水の舞台から飛び降りる覚悟(かなり大げさ)で、アメリカでは最高級グレードで超高級牛肉のサーロインステーキを買うことにしました。

その代わり、クリスマスケーキもチキンも無しです。笑

持ち帰って話すと、余りにも高いので、ひんしゅくを買いました。汗

前もって、「コストコでビーフステーキをクリスマスに購入するよ」と・・事前に予防線を張って風を吹かしていたのですが・・・そのかいもなく、購入のメニューを急きょ変更もあって総スカンを喰らいました。笑

クリスマスケーキは前回に紹介した手作りのクリスマスケーキを一足早く食べたこともあって言い訳がましくスルーすることに。

今回は、アメリカン・ビーフステーキとワインをクリスマスイブに購入して、早速、ビーフステーキを焼いて食べてみました。

焼き方は以前にテレビでもやっていましたが、今回はテレビとは違ったビーフステーキの焼き方での挑戦です。

テレビでは、事前に下準備をしてから焼く方法ですが、今回は超高級牛肉なので、その方法はとらずに純粋に牛肉の旨味だけを引き出し食べたかったので、フライパンで焼き上げる方法でサーロインステーキを焼いてみました。

冷蔵されたステーキは、冷たいままでいきなり焼くのは良くないため、(スポンジを作る際の卵もそうでしたね、ステーキの場合は牛肉の中が冷えていると火が通りにくいからです)

まず、冷蔵のステーキは焼く30分前に室温の常温に戻して置く、事前準備をしておいて、それから焼き始めます。

(ちなみに、コストコでは新鮮な牛肉は冷凍しないで冷蔵の状態で輸入しているので、解凍しない分だけ、より鮮度が保たれます、余ればそのまま1ケ月程度は冷凍できるので重宝します)

今回、仕上がりはサーロインステーキのミディアムとしました。フライパンで焼くため、そのサーロインステーキを焼く方法は次のとおりです。

1.冷蔵のステーキは焼く30分~1時間前に室温に戻します。

2.焼く前にキッチンペーパーで肉を軽く包み、牛肉の周りに付いている水気を取り去ります。

3.フライパンを強火にした後、熱くなったらサラダ油を入れ、そのままサーロインステーキを乗せて強火で30秒ほど焼き、さらに弱火にして1分焼き続けます。

サーロインステーキを焼く

(もう少し焼きたい場合は、最初の30秒ではなく、最初から1分間のみ強火で焼きます)

ステーキを裏返す直前には、塩、コショウを振ります。(焼く前に振る方法もありますが)

4.ステーキを裏返して、同様にして強火で30秒焼き、その後、弱火にしてさらに1分焼き続けます。(もう少しだけ、焼きが強くてもいいと思います。いい感じで焼けています!)

プライムビーフ・サーロインニューヨークカットをひっくり返す

5.ステーキを取り出す直前に、乗せる皿に熱湯を掛けて皿を温め、布巾で水気を取るか、大きな器の中にお湯をためておいて、その中に皿を入れておきます。お店などではそうしているお店もあります。
(特に冬であればなおさら、冷たい皿のままだと折角熱くなっている肉も一気に冷えて美味しさは半減。店であれば、鉄板を火で温めておくので、その鉄板の上に肉を置いて、人参、じゃがいもなど添えて出します)

6.フライパンからステーキを取り出し、温めてあった皿の上にアルミホイールに包んで1分間放置します。

7.アルミホイールを取り出してサーロインステーキを好みの大きさに切ると
切ったステーキの断面は、少し生が強い感じで焼き上がります。

焼き過ぎで固くならないか心配で、クッキングシートを途中から敷きました。

シートは無いほうが焼きがしっかりして、むしろいいかもしれません。

サーロインステーキを取り出す

人によってはそのミディアムでは、まだ焼き足らないと思うかもしれません。

サーロインステーキを切り分ける

その時は、切ったステーキを軽くフライパンで表裏をそれぞれ

サーロインステーキを更に切り分ける

さっと数秒間だけ焼きあぶると食べやすくなります。

(乱雑な並べ方で、すみません!早く撮って時間を置かずに、そのまま速攻で調理するべく・・色気もなく全く飾らずそのままお皿に置いただけです。汗)

(しゃぶしゃぶの肉をお湯にくぐらすように、フライパンでサクッと両面に焼色を付けて炙る感じ)

サーロインステーキを更に切り分け更に焼き増す

ミディアムからプラスして更に焼きあげたい方は、その方が食べやすいかもしれませんので、それぞれの焼き加減はお好みに応じて焼いて下さいね♪

肉厚なのでサイド面を焼いて脂肪を溶かすようにしてフライパンを油でひいてから焼いているカタチもあります。

プライムビーフ・サーロインニューヨークカットステーキ食感はいかに?

そして、プライムビーフ・サーロインニューヨークカットの食感ですが

確かにとても柔らかく、そして食べやすいステーキです。今回は、塩味とコショウをベースにしましたが、もう少し味付けが濃くても良かったでしょうか。

塩コショウをたっぷり効かせたほうがいいかもしれません。または、ステーキのタレで食べるのも一つですが

プライムビーフ・サーロインニューヨークカット

折角のプライムビーフステーキなので、そのままの味わいを見てみたいこともあり薄味に仕上げました。

(反省点は、もう少しステーキの表と裏面の焼き上げ方を強くしても良かったですね)

そして、オススメ度は9(10点満点中、独断です!)です。と、オススメと言っても価格が価格だけに・・・マイナス1点は、価格ですね。

確かにすごい上質のビーフステーキではあるのですが、価格相応で・・・ただし、このプライムビーフ・サーロイン、上記写真のプライムサーロインステーキでは、ステーキ専門店では、この一枚だけで軽く1万円を超えるお値段で提供されますし、恐らく上記写真の半分のカットボリュームでもそれくらいの値段がつくと思われます。

普通のサーロインステーキでもこれだけの厚さで、プライムビーフの最上級だと、ステーキハウスでも1万円近い値段がつきます。(例えば、各付け等級グレードでは、一段下のチョイスや二段下のセレクトでも相応のお値段ですね)

しかしです、なかなか毎回購入というわけにはいきませんので、次回購入する機会があれば、今度のビーフステーキはチョイス(CHOICE)に挑戦でしょうか。

コストコのプライムビーフ・サーロインニューヨークカットでした。

あっ、それで最後に夕食で食べる時に、このステーキは・・・どうのこうのと色々話していくうちに、なんとか美味しいと、なごやかになっていって挽回できたのは良かったです。笑

とても美味しくいただきました。そして、もう一枚は次回の自身用に冷凍で保存しました♪

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です