スティア・フライ ベジタブル ブレンド(冷凍ミックス野菜)を使った利用法は?

野菜不足を補う、冷凍野菜は、解凍してそのまま使えません。一度過熱処理が必要になりますが、使うと色々重宝しそうなことが盛り沢山にありそうです。どんなふうに使っていくのかもみていきましょう。

スポンサーリンク

スティア・フライ ベジタブル ブレンドとはそもそも何なの?

早く言えば、冷凍のミックス野菜です。

冷凍のベジタブルブレンド(ミックス野菜)

STIR-FRY VEGETABLE BLENDの、STIRは(火など通してかき混ぜる)、FRY(油でいためたり揚げる)の意味で、この場合、色々な冷凍野菜を電子レンジやフライパンなど火を通して炒めたり温め調理していく色々な冷凍野菜が入っています、となります。

肉料理や魚、魚介類、麺類などのサイドメニューやメインメニューとしても使っていきます。そのままでは味付けはしていないので、調理する際に料理に応じて味付も使い分けしていきます。

その野菜(ベジタブル)を混ぜもの(ブレンド)、つまり色々な野菜をミックスした野菜たちが入っている商品になるのですね。

その野菜たちとは、ブロッコリー、スナップエンドウ、さやいんげん、ニンジン、黄にんじん、マッシュルーム、赤パプリカ、シログワイ、玉ねぎと9種類の冷凍野菜が1パック(2.49Kg)に入っています。

冷凍のベジタブルブレンド(ミックス野菜)を皿に盛る

ここで良いのは、NO MSG(グルタミン酸ナトリウム)は不使用としていることですね。グルタミン酸ナトリウムは過剰摂取すると健康的にも良くないので、その点はきっちり使用していませんと袋に表示されていることです。

賞味期限、保存方法、調理方法は?

賞味期限は購入時期にもよりますが約1年程度、保存方法はマイナス18度以下の冷凍保存です。

凍結前は加熱されていないため加熱調理の必要性があります。炒めたり、レンジや火で加熱してから食べることになります。原産国名はカークランドのブランドでアメリカですね。

調理の仕方は大きく3つあります。

1.フライパンでは少量の油を熱して凍ったままのベジタブルブレンド約450グラム使って約5分から7分炒めます。いためる時間は硬さなどお好みに応じて調整します。

2.電子レンジの場合は同様に450グラムを耐熱皿に入れて大さじ3杯の水をかけます。ラップなどをして約5分間くらい加熱して、その後1回かき混ぜてさらに3分~4分程度、お好みの硬さになるように加熱します。(冷凍野菜を均一に解凍するためですね)

3.熱湯で茹でます。(3つ目の方法は袋には記載されていませんが、今回はこちらの方法で加熱しました)

冷凍のベジタブルブレンド(ミックス野菜)を茹でます

沸騰したお湯で茹でると柔らかくなるのがいいのです。見た目はちょっとしんなりするのが欠点ですが、湯で時間はそれぞれのお好みでいいでしょうか。

今回は、カレーに入れたり、クリームシューに入れましたが、どちらも相性は抜群です!どちらも、人参の角切りを好みで付け加えています。

ベジタブルブレンドのミックス野菜は使う直前まで冷凍室に入れたままにして、使うときに必要な分だけ袋から取り出した後、すぐにまた冷凍庫に戻しておきます。そうすることで野菜は新鮮のまま保存することができます。ジップロック的なファスナーが付いているのでそちらを利用するといいですね。(見過ごして、てっぺんからハサミで切ってしまいゴムバンド止めに。汗)

使った後はそのまま常温で放置せず冷凍庫に保管することがベストになります。常に冷凍状態で!

クリームシチューに使用しました

保存料は使っていません、ここがいいですね。ビタミンも含まれているので、肉や魚介類、麺類など味付けをしていくと美味しく食べられるわけです。

上の写真は、クリームシチューにミックス野菜を、人参を別途加えて使ってみました。人参を加えなくても既に入っているので美味しく食べられます。結構、クリームシチューとは相性抜群でしたよ!また、シチューが食べたくなるほどです。結構、家族での評判も良かったです。(SBのクリームシチューが良かったですね、最後に牛乳も加え調理すると白いクリーム感も増して見た目にも美味しそうになり完成です。)

ベジタブルブレンドはコレステロール無し、低カロリーで、グルタミン酸ナトリウムは不使用と表示されています。余分な添加物は少ないほうがいいですから。

実際にベジタブル ブレンドを使ってみると・・・

冷凍のミックス野菜の使いみちは色々あります。野菜が高騰しているので、こうした冷凍野菜をうまく使用することで、節約しながらも不足しがちな野菜をとることができるのでなにかと重宝しますね。(スーパーでは大根1つが300円、白菜も1つ600円と信じられない値段だと、しょっちゅう買うわけにはいきません)

カレーライスの具材に使用

例えばカレーライスやクリームシチューの具材として、また、野菜炒めなどにも入れもいいでしょうか。ステーキや焼肉、ハンバーグのサイドメニューとして、ムニエルなどオリーブオイルを使った焼き魚のサイドに野菜を添えることで、体にもいいですし、見た目にもバランスがとてきれいで優しくなります。

クリームシチューにしてもカレーにしても、野菜の食感はそれぞれなので、茹でなくてもレンジなどで過熱してもいいですね。

カレーライスでは人参は別途角切りを加えています。全体的においしく食べられました。

野菜をとることで血糖値を抑えたり、繊維質を摂ることで腸にも体や健康的にも優しいわけですね。そうした冷凍野菜も時には重宝するので好みに応じて使ってみるのもいいでしょうか。

ブロッコリーもそうですが、冷凍野菜も使い方一つで、立派に料理に色々と使えて便利ですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です