スターバックスのウィローブレンドとライトノートブレンドをクイジナートで挽く!

スターバックスのコーヒー豆は、前回と同じく、コストコで購入したコーヒーマシンのクイジナートで抽出しました。

今回購入したコーヒー豆『ウィローブレンド』は、スタバのコーヒー豆の中でも飲み心地が最も軽いタイプのブレンドコーヒー豆。

100gのコーヒー豆を袋に入れてもらって購入。

スタバのウィローブレンドコーヒー豆

軽いコーヒー豆を探してたので、ちょうど飲みたかったコーヒー豆の一つを発見しました♪

強い酸実より軽いタイプのコーヒーが好みに合うからです。

また、『ライトノートブレンド』は『ウィローブレンド』に次ぐ2番目に軽いコーヒーの位置づけです。

それで名前も、LIGHT(軽い)となっています。タバコの銘柄と同じですね。

キャッチフレーズは「鮮やかで、複雑、深みのある風味とさわやかな後味」が特徴ですが、強い酸味は感じられないものの、若干のシトラス感と深みもそんなには感じられませんでした。

コーヒーのテーマ、例えば、『ライトノートブレンド』であれば「メロー&ソフト」と袋に記載されている文字が見えます。(飲んでから記載を知った。汗)

どちらも250gのパッケージ入りコーヒー豆ですね。

スタバで販売していたコーヒー豆『WILLOW』ブレンド

ライトノートブレンドの「メロー&ソフト」は、「優しくてソフト」といった意味になりますね。ウィローブレンドは、「クリスプ&シトラス」と丁寧に印字されています。

クリスプは、「カリカリ」とか「ぱりぱり」「サクサク」といった意味もありますが、他の言葉では「爽やかな」の意味が当てはまります。

軽くさわやかな感じのコーヒーが特徴ですが、ウィローブレンドは実際のところ、「爽やかでシトラス」の風味や味わいとなるでしょうか。
今回も先にサンプルでもらったコーヒー豆『ライトノートブレンド』を先に抽出して飲んでみました。『ライトノートブレンド』豆自体は前回のコーヒー豆より薄い茶色のような色あいに見えます。

クリスマスブレンドのコーヒー豆はやや濃い褐色の豆でした。今回は薄く豆の色の違いが分かります。自身はライト感覚が好きなので、濃厚なコーヒー味より軽めのコーヒーが希望です。

自宅のクイジナートで抽出して入れたコーヒーの色は変わらず、典型的に濃いめのコーヒー色です。

クリスマスブレンドと比較しても見た目の違いは分かりません。(プロだと分かるかもしれません)

スタバのコーヒー豆『WILLOW』

ただ違うのは、実際に飲んでみると、飲み心地の違いは一目瞭然!
確かに軽い感じがします。さらっーと。感覚的にも味をみても違いは軽いのですね。

スッキリしすぎです!

なにかコーヒー茶とでも言うべき?と言うと、それはちょっと大げさですが、何かこれまでより、もの足りなさを感じたりします。

これまでスタバのコーヒー豆を買って飲んだコーヒーが、少しコク深めだったせいかもしれません。

一口飲むと、こんな感じが軽いのかと・・・。スーッとサッパリ系のような表現でしか言い表しにくいですね。

とにかく今まで飲んだコク、苦味、酸味、重厚感的なコーヒーとはひと味ちがう感じがします。飲み心地が軽めのタイプのコーヒーの風味が好きであれば合うかもしれません。

次に、『ウィローブレンド』を試しに100g購入した豆は

スタバのウィローブレンドコーヒー豆

ライトノートブレンドと同じように、少し薄めがかった豆ですね。

そして、飲んだ感想としては、これも軽いコクのコーヒーで、やはり軽さが感じられるコーヒーです。お茶風とも言えるかもしれません。

スタバのウィローブレンドコーヒー

これはこれで、軽くて飲みやすくていいでしょうか。

ミルクを入れても軽いタッチでした。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です