コストコ Delmonte Quality バナナとは、味や熟成度、食べごろは?

スポンサーリンク

コストコ デルモンテにはどんなバナナがある?

Delmonte(デルモンテ)には、

ハイランドハニー、デルモンテ・クラシック、デルモンテバナナと

何種類かのバナナがあります。

「ハイランドハニー」は、高地栽培プレミアムバナナ、高原にある農園で大切に育てたバナナですし、

世界基準のバナナで、果房の最上部でゆっくり時間と手間ひまかけて、

大きく育ったバナナを厳選している「デルモンテ・クラシック」、

そして、一年中楽しめるトロピカル・フルーツで甘みのある栄養価の高い「デルモンテバナナ」があるのですね。

コストコ デルモンテ品質(Delmonte Quality)バナナとは?

コストコ デルモンテ品質のバナナは、
デルモンテに準ずる品質を持っているバナナを意味するとも言えるのですね。

つまり品質的にはちゃんと、
上記のように信頼のおける「デルモンテ ブランド品質を保っています」よー。

とするDelmonte Quality バナナです。

delmonte qualityのバナナ

買って食べてみると分かったのですが、
さすがに、デルモンテ品質はなかなかのものです。

もちろん、ご存知のとおり、
スーパーでもデルモンテラベルの貼ってある

バナナはよく見かけますし、サイズも色々ありますね。
が、しかしなのです。

Delmonteのラベルは普通に知られているところですが、

普及しているバナナの味も、認知度は高いと思います。

そう思って購入しました。

一般的にスーパーのバナナでは、店頭で見ると、小ぶり、中ぶりが多く、

大きめのバナナの陳列は比較的少ないのですが、
コストコの店頭には最初から袋に入っている、

大きめのデルモンテバナナが陳列されていました。

コストコ デルモンテバナナ

コストコで購入したデルモンテのバナナの熟成度や食べる時期は?

購入時の色は、どれも緑っぽいバナナが大半で、

コーナー売り場で見ていると横にいた人が、

緑っぽいバナナを指して、食べてみたいと言っていたくらい

色は黄色ではなく、緑色に近い未完熟のバナナでした。

上記写真の色は、1日経った黄色に色づいたバナナです。

想像するに、硬くてもあの青っぽいバナナが好きな人は大勢います。
自身もその一人。

現地で輸出するときに、
青いほうが輸入地について丁度いいくらいの熟成度に計算されているので

多少、熟す手前の方がいいわけです。
持ち帰ってから、お好みの熟し具合で食べればいいのですね。

硬めも良し、熟して黄色くなってからも良しですね。

ちなみに、一流店のカレー店の中に、

完熟バナナを通り越して、かなり茶色の斑点が大半の、

見た目大丈夫かと思うようなバナナをカレーに入れていました。

マスターのシェフも太鼓判。

それでいて、カレーの深みがかなり出るようです。

一度試してみるといいかもしれませんね。
話は反れてしまったので戻すと、汗

コストコのバナナ、このあたりの
薄い緑色がついている皮の色、感じからすると、

熟して黄色になるには数日程度かかるかもと思っていたら
なんとその購入したバナナが、常温で一日経つと、

黄緑色はほぼ無くなりつつあり、大方黄色近くに熟してきたのです。

とても熟すのが早い色の変化で、色の変化や味の変化が楽しめました。

購入するタイミング、食べる時期もあると思います。

一般的にバナナの皮の表面に茶色の斑点が多くなると、

柔らかくなってきていて、熟しているので食べると甘いのです。

コストコのデルモンテバナナのお得感とオススメ度は?

一本あたりのバナナの重量や大きさも大きい!

が、見た目の、第一声。

普通の中ぶりの大きさに慣れているせいか、

とにかく大きく感じた。
袋表面に記載されている、NET表示が1.36kgとなっていますが、

袋から取り出したバナナを二つに分けて重さを計ったところ、

(845g+679g)なんと1,524gで、
1.5kg以上あるではないですか。

ラベルに表示しているバナナの重さよりも200g近く重いのです。

つまり、大きなバナナが1本無料で入っているみたいなことになり、

コストコのデルモンテバナナは、かなりのお得感なのです。

袋に7本入りで、1本1本が大きいので食べがいがあります。
バナナは栄養価も高いので(食べすぎには注意ですけど)

女性でしたら朝食や昼食に、

バナナとヨーグルトで食べる

このコストコのバナナ1本でも十分な質と量とも言えるかもしれません。

バナナのカロリーは、皮を除いた食べられる中身で100g当たり86kcal。

一本丸ごと食べるのもいいですし、
半分にして甘味料の入っていない、

0%脂肪ヨーグルトといっしょに食べるのもいいですね。

デルモンテバナナの皮を剥いた後の中身

そして、コストコのデルモンテバナナを食べてみた食感は、
とても良く、甘さもなぜか控えめに感じます。

ふんわりとした香りと、そんなに硬くなく食べやすいバナナです。

よくある普通のバナナの大きいタイプかとおもっていましたが、

本当においしいバナナでした。

価格と量、味も含めて満足度はありですね。
そして、オススメ度は9(10点満点中、独断です!)です。

コストコのデルモンテ品質のバナナでしたが・・・

後日談があります。笑

コストコ会員限定メールマガジンで、超お得な情報が!

あれから、2ケ月後、購読しているコストコ会員限定メールマガジンの中に

バナナ 1.3kgが258円。

更に何と!
バナナ1房を購入すると

2房目は無料!・・・と。

コストコメルマガ会員に案内
えっ・・まさにバナナの叩き売りではなく

超特別サービスなのです。
コストコ会員限定メールマガジン購読者だけでなく

コストコ会員であれば全員です。^^!

近くにいた人は、プライスカードを見てびっくりしていました。

それもそのはずですね、2房で258円
つまり一房が129円(しかも税込み)ですよ~

このバナナのボリュームと、この価格で。

バナナの本数は写真のとおりで

あり得ないサーピスですね。

見た目は緑色のバナナですが、

コンテナから来たものをそのままでしょうか。

フィリピンバナナのお得情報

日が過ぎるうちにバナナの色は黄色に変わっていきます。

緑色のうちは、皮をむくと引っ付いて来て

まだ酸っぱい味をしていますが

フィリピンバナナ購入2日目

黄色になるに連れて味も甘みが出て変わってきます。

近所の知り合いに、数日経てば黄色に変わるからと言って
(3日目の夜は、普通のバナナの黄色の色に、甘みもつきます)

3日目バナナの色は普通のバナナの黄色に

一房おすそ分けしました。
もろろん、上の写真にあるように2本ではなく
1.3kgの一房です。笑

やはり2房もあれば、採れたてから食べ頃まで
ちょうど良い色合いでしょうか。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です