マコーミック・ベイリーブス(月桂樹の葉)は、1年以上使用してもまだ効果が持続!

コストコでマコーミック ベイリーブス(Bay Leaves)を購入して、早くも1年半近く経ちますが、コストコの商品の中で重宝するものの一つに、このベイリーブス(Bay Leaves)があります。

以前にも、ベイリーブス(Bay Leaves)を初めて使った感想をお伝えしていましたが

その後も今なお、ベイリーブスは使い続けています。(50gと十分な量があります)

使っている中で、何が一番重宝しているのかは、『肉の臭みをとってくれる!』につきます。

もちろん、煮込み料理などに使われることも多いと思いますが、自身は主にフライパンで肉を焼く際に使用していて、鶏肉、豚肉、牛肉など肉料理をする中で、特に焼肉にはこのベイリーブスがとても役立っています。

例えば、フライパンで豚肉を焼く場合、ふつうは塩コショウや前処理して焼肉をすると思いますが、このベイリーブスを使うと、鶏でも豚肉でもフライパンでいっしょに焼くと、不思議にも?豚肉のあの独特の匂いや臭みがとれてしまうのです。

マコーミック ベイリーブスの葉

焼きあがったばかりの豚肉を鼻を近づけて匂いを嗅いでも、豚肉の独特の匂いはほとんどしません。と言うか臭わないのです。調理していても、かなり効果はあると思いました。

気軽にスパイシーの代わりで購入したのですが、意外と長期間にわたって肉の独特の匂いや臭みを取ってくれるので意外と便利さを感じています。

このベイリーブスは火の元の手の届くところにあって、毎回ではないにせよ、途中でも気づいた時、思い出したように使ったりします。

臭みがないから肉も引き立ち、その分、肉の仕上がり、美味しく肉料理が出来上がります。肉料理には欠かせないスパイスの一つにもなっているのですね。

マコーミック・ベイリーブスは、トルコが原産国ですが、地中海に面した主産地の香りがより良いのはよく聞くところですが、香り+臭み・臭い取りにも思ったよりも効果を発揮しています。

50gのパックに入っていますが、たまに肉料理をするくらいなので、これでも十分な量でちょうどいいくらいですね。

中には小分けして販売されているスーパーもあるようですが、割安な50gパックの方が使い勝手がいいでしょうか。1回あたり3~4枚程度使っても十分な量なので、案外この50gのパックは重宝します。消費期限は2年近くあるので、それだけ長く使えるのもいいですね。

粉タイプもありますが、香りを移すものの、それほど存在感は出さず、匂いと臭みを取ってくれるマコーミック・ベイリーブスは、業務用にはなっていますが、一般の家庭でも十分使えるものではないかと思います。

関連記事: コストコのベイリーブス(Bay Leaves)・ローレルの使い方は?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です