『カレールウ』の海老カレーを豆乳をベースに調理して食べた結果は?

本格的なインド料理の味『カレールウ』のシリーズで海老カレーを豆乳をベースにして海老カレーを作ってみました。

『カレールウ』の海老カレー

本来は、この本格的なインド料理の味『カレールウ』の海老カレーは、ココナツミルクがベースになっていますが、それを割安な豆乳に代えて作ってみたのです。この豆乳は何にでも合う重宝する食材の一つでしょうか。

ココナツミルクも豆乳も本来は優しい味わいで、ミルクベース系には変わりはないし、案外合うのでは?と考えての試みです。そして食材費も抑えられるなど試みとして二重にいいですね。

豆乳を使った海老カレー

豆乳も、例えば麺類などチャンポンのスープなどに豆乳などを加えるだけで優しい味に変わるので、カレーでもできるのではと。味のトンガリ感が優しくなるのです。

以前に、ブルーチーズのゴンゾーラチーズで試してみましたが、塩っぽさは無くなりませんでした。食塩の塩辛さは抑えることは難しいかもしれませんが、豆乳は色々な味が優しく和らぎます。

スポンサーリンク

カレールウ 海老カレーとは?調理時間15分の簡単2ステップとはどういうこと?

南インドの海岸地方の定番でココナツミルクを使って作る海老カレーですが、バターチキン、ビーフカレーと3つのシリーズがある本格的なインド料理の味『カレールウ』の一つです。

インドの海岸地方の定番と言われているくらいなので、地元のエビやココナツミルクも手軽に調達できるのでしょう。それに加えて、本場のインドカレーで海鮮風の味付にしてある海老カレーなのです。

この海老カレーはすでにカレールウがパックになって出来上がっているので、一から作る必要はなく、トッピングやベースを準備して調理していけば短時間で本格的なインドカレーが出来る上がる寸法なのです。

ペーストになっているカレールウ
今回は、準備するものとしてココナツミルクに代えて豆乳を、そしてボイルしたエビを使いました。内容量は100gで3~4皿分のボリュームが出来上がります。

豆乳でつくるカレールウ 『豆乳海老カレー』のレシピは?

海老カレーのレシピは、一部変更して『豆乳海老カレー』づくりとなります。水の量も変えています。

1.今回はすでにボイルされている海老を使いますが、軽く桜色になるまでお湯に入れて温め、色が変わればさっと引き上げます。(コストコの生エビであれぱ、ボリュームと大きさがある上に、海老の殻が付いているため海老の風味が生きるのでベストですね)

海老カレー用のエビ

2.豆乳460mlとカレールウを入れて沸騰しないようにしてナベで弱火で混ぜながら温めます。均等に混ざったところで水を160g入れます。(このあたりは水を少なめにして、それぞれの味に合うように味見しながら・・・)

3.そしてカレールウが混ざれば海老を鍋に投入して、弱火で10分以上煮込んで完成です。
海老を事前にボイルしなければ簡単2ステップです。(海老は殻をむいてシッポだけ付けてカレールウに投入します

豆乳をベースにした本格的なカレールウに使ってみて合った?美味しい?

そして完成した『豆乳海老カレー』の味はどうだったのか?ですね。

そもそもこの本格的なインド料理の味『カレールウ』のシリーズは、原産国がインドから輸入されているインドカレーなので、本場の味なのです。

ただ、全般的に言えますが、日本で食べるカレーライスとインドで食べるカレーライスは味付けやスパイス、中に入っている内容物は根本的に違うので、そのあたりが食べてみて合うか合わないかはあります。

これまでずっと食べてきた日本のカレーとは違うので、慣れなどの違いはあるかと思われます。

本格的なインド料理の味『カレールウ』は、仕上がった見た目の色、味、風味、スパイスなど日本のカレーとは違いがあります。

それを踏まえて食べることになるので、自然とカレーが合う、合わないも出てくるかもしれませんね。

この完成した『豆乳海老カレー』はどうか?結論からすると、カレールウを作っている段階で味見してみると、「辛い」「きつい」が先行します。そのため水の量を加えています。

色味は日本のカレーだと、ソースをベースにしたような濃い感じの色(焦げ茶色)のカレーですが、このカレールウは、どちからと言うと、薄い茶色、よくある学校の給食で出た?小麦粉で薄めた感じの色の柔らかい茶色です。思わずトンカツソースをかけたくなるような。

そして、味はカレールウを味見している際は、ちょっと・・失敗?といった感じでしたが、実際、ご飯であるライスの上にかける、カレーライスで完成品にすると、結構イケます。

完成し『カレールウ』の海老カレー

おかわりしたくなる感じの『豆乳海老カレー』になりました。豆乳をベースにした『豆乳海老カレー』は成功しました。

相性は想像したとおりにに合って、ベースがココナツミルクでなくても違った味わいが楽しめる海老カレーになりました。海老の存在感も出て食感が出てトッピングとしてもいい感じです。

福神漬けを付けた『カレールウ』の海老カレー

ただ、注文をつけると、海老の大きさと増量、そして生エビを投入すれば、さらに海鮮の風味が増してくること間違い無しです!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です