切れ目入り「串付きフランク10本入り」(丸大食品)を、おいしく食べる方法は?

切れ目入り「串付きフランク10本入り」は本来は業務用のフランクフルトなのです。食べ方によっては美味しさも七変化に変わります。ご存知の定番ですが、このあたりを見てきましょうね。

スポンサーリンク

フランクフルトを美味しく食べる方法ベスト2は?

フランクフルトは最初から表面に切れ目が入っているので、1番シンプルな食べ方はフライパンで串付きフランクを、油を入れずにサラサラと箸で動かして焼くだけで、コンビニで販売されているフランクフルトと同じようになるわけです。

フライパンで焼くフランクフルト

仕上がり後は、お皿に取ってケチャップと洋からしを塗るだけで、バーベキュで食べたり、お店で販売している見たことのあるフランクフルトが出来上がります。

5分から10分あればおいしい串付きフランクフルトが出来上がります。焼きあがり後に食べてみるとコンビニで売っているフランクフルトと同じように美味しく食べられるわけですね。

調理後のフランクフルト

そのままガッツリかぶりついて食べるのが一番美味しいと思われます。シンプルイズベストですね。ケチャプと洋辛子の相性は言うまでもなく抜群。一番美味しいのが、素材をそのまま包まずにまるごとそのまま食べる方法の一つになります。

クリスマスや年末年始など、人が集まるイベントや、ちょっとしたお酒のおつまみにも焼き鳥同様に、さっさっと簡単に料理できて喜ばれる一品になります。

フライパンで焼く以外にボイルする方法もありますね。出来上がったら、上記のようにそのまま串のまま、ガブッと食べる。

2番目にフランクフルトのオススメの食べ方としては、コストコのホットドッグバンズ(フジパン)の中に、トッピングとしてパン生地の中央に縦にトッピングとして、上記で仕上がったフランクをさっと1本切れ目を入れて食べると、もうそれはホットドッグになりますね。

定番中の定番、このホットドックの中に入れる素材はたっぷりのケチャプ、好みの辛さにあわせて洋からしを入れ、とろけるチーズも入れるとさらに美味しくなるのです。他にはお好みのトッピングを入れてチンして食べる。単独ではできなかったトッピングを増していけること、好きな分量を加えられるこれに尽きます。

フランクフルトの美味しい食べ方の三番目、4番目は?

3番目にくるのが、アメリカンドックでしょうか。人によってお好みはまちまちですが、小麦粉の揚げたてで包まれている中にフランクフルトが入っているやつですね。

イベントや露天などでも売られていますよね。学生でしたら学園祭などのちょっとした、にわか店舗でも学生が作って売っているやつです。自身も作ってよく売れた経験があります。かなり人気の定番メニューの一つ。これもコンビニやスーパーでも見かけると思います。

からっと仕上げるのがコツです。油ジュウジュウではせっかくのフランクの素材は・・・となりますね。

揚げたては油を使用しているため美味しさのあまり、パクパク食べ始めると舌や口の中がやけどしないように食べ方も注意です。汗

4番目の食べ方は、ピザのトッピングに使う方法で、この場合は串からフランクフルトを外して、輪切りにしてピザの上に乗っけて焼いて食べるのですが、ピザの生地の代わりにスライスパンを使用する場合でもいいですね。トッピングはチーズやピーマン、輪切りのトマトなど、なんでもトッピングできるものなら乗っけて、オーブンやレンジに入れて熱々を食べるのもいいでしょうか。

どの食べ方でも朝食や昼食、おやつや夜のお酒のおつまみにも最適といえます。切れ目が入っている分だけ手間も省けて簡単においしいフランクフルトが食べられるので、時たま利用するのもいいですね。

関連記事:ホットドックバンスに入れて食べる!

コストコのホットドッグバンズ(フジパン)とは?レシピやコッペパンと違う?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です