スターバックスのブラジルセルタオ イエローブルボンをクイジナートで挽いて飲んでみた!

今回も、コストコのクイジナートのコーヒーメーカーを使って、スタバのブラジルセルタオ イエローブルボンのコーヒー豆を挽いて飲んでみました。

まだ残っているコーヒー豆があるのですが、残り少しになったので、新たにスターバックスのコーヒー豆が恋しくなったこともあって購入。

久々の新しいコーヒー豆、ブラジルセルタオ イエローブルボンで香り新たに楽しめそうです。

スポンサーリンク

スターバックスのブラジルセルタオ イエローブルボンとは?

よく見かけるコーヒー豆(コーヒー生豆)は、いく層もの皮で守られています。

例えば今回購入してきたスターバックスのコーヒー豆、ブラジルセルタオ イエローブルボンの豆のことですね。

スターバックスのブラジルセルタオ イエローブルボン1

一番外にある皮から内側にあるコーヒー豆まで順に数えると、最初に果皮から始まり、次に果肉、ペクチン層、内果皮、銀皮、そしてコーヒー豆とたどり着きます。

そうした何層にも保護されているコーヒー豆は、お米と同じように脱穀、乾燥させなければコーヒ豆として利用できないのです。

購入したブラジルセルタオ豆はラベルを見ると、加工方法がパルプドナチュラル式となっています。

スターバックスのブラジルセルタオ イエローブルボンのコーヒー豆

調べてみると、パルプドナチュラル式は、ブラジルで開発された方法の1つで、コーヒー豆を自然の風味を保ちつつ、品質も均一性を持たせるような特性を活かした加工法がとって美味しく飲めるのが特徴になっています。

簡単に言えば、外皮まわりをとった後に乾燥させる方法をとっています。

そのため、はちみつのような甘みとフローラルの香りを残す酸味を抑えたコーヒーの味わいとなるのです。

スターバックスのブラジルセルタオをクイジナートで飲んでみた!

袋から取り出したコーヒー豆の香りはいいですね。久々の違った香りのコーヒーが飲めます。

スターバックスで言う、プラムやダークチョコレートを思わせる風味と、ほのかなフローラルの香り、はちみつのような甘みが特徴のコーヒーが特徴なのですが

はちみつのような甘みまでは、コーヒーミルク派としては(笑)まだまだ、強く感じられるまでの達観レベルまではいっていません。汗

それでも、淹れたてのコーヒーの香りはいい感じで、味も最初はブラックで一口飲みますが、味わってみていい感じのコーヒー豆だと分かります。そして、その後、若干のミルク割りで。

スタバのブラジルセルタオから淹れたてのコーヒー

コーヒーの味わいが感じられ美味しく飲めました。

他でいただいていた菓子といっしょに食べると、一層、コーヒーも菓子も美味しさ倍増といったところです。

クランベリー、ブルーベリー、イチゴの菓子

上写真の菓子は、左からクランベリー、乾燥させたイチゴ、ブルーベリーがトッピングされている菓子もスタバのコーヒーとマッチしていました。コストコにもブルーベリーは必ずあるので、このような類のお菓子にもよく使われているトッピングの使い方もありますね。

今回は、スタバのブラジルセルタオ イエローブルボンとクイジナート・コーヒーメーカーとのコラボでした。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です