コストコのコントレックス(ナチュラルミネラルウオーター)硬水を飲んでみた結果は?

スポンサーリンク

ナチュラルミネラルウォーターのコントレックスとは?

コストコで販売されていた『コントレックス』を購入しました。

ずっしりと重く、飲み甲斐がありそうです。
(写真の箱にもナチュラルミネラルウォーターと記載されています。)

コントレックス(箱入り)

フランスのパリから東350Kmにコントレックスの水源地 コントレックスヴィルがあります。

この水源地で採れたナチュラルミネラルウオーターが『コントレックス』なのです。

コントレックスはナチュラルミネラルウォーター

今から250年の前から知られていた水源地ですが、周辺地域は農薬や化学肥料などの使用が禁止されています。

現在はヨーロッパの厳格な水質管理で保護されているナチュラルミネラルウォーターなのです。

一般的に、ナチュラルミネラルウォーターは、殺菌やミネラル分調整はしないで
水源の水を濾過したり加熱処理をします。

また、ミネラルウォーターは、一般的に濾過や加熱処理以外に、殺菌処理やミネラル分調整などを行ったりします。

このようにナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターとは違いがあるのです。

コントレックスヴィルの広大な採水地まわりの土壌の環境保護地域を専門家が自然農法指導をはじめ、徹底した保護活動を行っています。

30年前に初めてフランスで、このコントレックスがCMで流れたようですが

当時、日本では水をCMするとは考えられないですね。

いずれにしてもヨーロッパは硬水が日本より圧倒的に多く

それだけナチュラルミネラルウォーターはある意味、ヨーロッパでは健康を考えた必需品であり、口にするものとして品質管理が徹底されています。

硬水が運動やダイエットにバランスが良いのは?

コントレックスのサイトでは

『コントレックス』は、わずか500mlに牛乳瓶約1本分のカルシウム

アーモンド約9粒分のマグネシウムを含み、カロリーゼロと謳っています。

とても分かりやすい表示ですね。

コントレックスは、硬度が高く、ダイエットなどでも利用され、また知られています。

水の中にカルシウムとマグネシウムが含まれる数値を硬度と言い
硬度=(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4.1)で計算して表示されます。

エビアンの硬度は304mg/Lの硬水に対して

コントレックスは硬度1468mg/Lの硬度になります。
それだけカルシウムやマグネシウムが含まれているため、運動など体を動かしたりする際や

骨や血液の流れを良くする循環系のカラダづくりにはとてもバランスがいいことになります。

一般的にミネラル(無機質)ウォーターは

マグネシウムやカルシウムなど100種類ある元素の中でも、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものをミネラルと言いますが
このあたりは以前に

カークランドシグネチャー ピュリファイドウォーター」の際に、サイト内でご紹介した中でも硬度について出てきました。

『コントレックス』を飲んでみた結果は?味や飲みやすさを比較すると?

これまで、コストコで購入して、実際に飲んでみた何種類かの水を感想をふまえて

それぞれ味や飲み心地を紹介しました。

今回のコストコで購入した『コントレックス』の飲みやすさはどうなのかですね。

(コントレックスを箱の上から点線にそって破り開けます。)

コントレックスはナチュラルミネラルウォーター

購入した理由の一つに、カラダに不可欠なカルシウム、マグネシウムは骨格や血流など血の流れにもバランスがいいとする健康面から購入しています。

週末など運動した後に硬水を摂ったりすることも多いので試しに購入してみました。

硬水はこれまで何種類か飲んできましたし、毎日ではないですが今でも購入して時折飲んでいます。

現在飲んでいる硬水は、大手ショッピングセンター内で販売されている水ですが

これはカルシウムやマグネシウムが含まれ比較的硬水度が高い水になります。

(いつも愛用している2リッターの水(左)と、右の写真が今回のコントレックスボトル)

いつも愛用している水とコントレックス

ナリュラルミネラルウォーターではないのですが、ミネラルウォーターとして硬水に位置づけられます。

飲み心地は悪い感じはしませんが、多少独特の飲み心地はあります。

最初に飲んだ時の印象は『まろやかさ』や『滑らかさ』はあるものの、水に粘度を少し含ませたような感じがピッタリかもしれません。

自身は、硬水は上記のように健康のバランスが保てると考え飲んでいます。

そして、今回の『コントレックス』飲んでみた結果は?

味や飲み心地は?

コントレックスを実際に飲んで見た

すると・・・
思っていたより遥かに『飲みやすい!』ナチュラル・ミネラルウォーターでした。

これが自然の源水なのかなーと思えるほどです。

抵抗なく自然に飲めるので、かなり硬水のイメージが変わりました。

これまで飲んでいた硬水は、カルシウムやマグネシウムなどミネラル分を人工的に調整して入れていた水なのではありました。

つまり自然から採れたナチュラルミネラルウォーターではないのです。

もちろん、純水にろ過した綺麗な水にミネラルを含ませた水にしているのですが

これはこれで硬水として飲めますが、多少は粘度が感じられる水なのですね。

コップ一杯で十分な感じの水で

運動後の水補給などで使用していました。
ところが、この『コントレックス』の硬水は、硬水を意識しないで抵抗感も無く、ほとんど自然の水として飲める水、自身としては飲み心地は良いといった印象でした。

味は水なので無味無臭。(飲み心地は人によりけりでしょうか)

コントレックスのラベル
ちょっと意外で、驚きます。

初めて硬水を飲む人や、人によって感じ方は様々だと思いますが

自身としては、これまで飲んでいた硬水のイメージがあったからと思いますが

これはなかなか良いのではと思います。

普段でも小さなペットボトルに移し替えて持ち歩きしてもいいですね。

と、言うことで

箱に入っているボトルが置かれている状態は、冬の比較的温度が低い状態で飲みました。
(賞味期限がボトルに記載されています。2017年の11月まで1年9ケ月もまだ保存可能)

コントレックスの保存期間

コントレックスの飲むシチュエーションが絵でラベルに貼られています。

コントレックスの飲むTPO

コントレックス・アプローチとして、飲んでバランスをとるのも良し、運動で飲むのも良し、飲むならコントレックスなどなど・・・

そして、オススメ度は冷蔵で冷やして8(10点満点中、独断です!)です。
ボトルのキャップもしっかりねじ山とキャップの高さもありましたし、しっかりキャップされて溢れる心配もありません。

ペットボトルの色が薄い水色で透き通り、デザイン的にもとてもキレイでいいですね。
コストコのナチュラルミネラルウォーター『コントレックス』でした。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です