クイジナートコーヒーメーカーを使ってみて気づきや便利な3つの方法とは?

クイジナートコーヒーメーカーを使う場合、便利な方法が3つあります。

1.店で販売されている大きめの一般的な使い捨てコーヒーフィルターを使う時。

2.仕上がったコーヒーを器に入れたままにしておくとちょっと良くないことは?

つまり、人数分のコーヒーを長時間使わない場合、コーヒーサーバーに器にコーヒーをそのまま入れておくとどう変化するかです。このあたりを見ていきます。

3.クイジナートコーヒーメーカーの水量の人数分の目盛りは、レギュラーサイズの分量用。マグカップに多くコーヒーを注ぐならどうする?

スポンサーリンク

一般的に販売されている少し大きめの使い捨てコーヒーフィルターを使う場合

クイジナートメーカーでフィルターを使ったドリップ式コーヒーを飲む際に気をつけないければならないことがあります。

特に、スーパーやどのお店で販売されている普通サイズのフィルターは、クイジナートでは少し大きいことが多いのです。そのままでは入らないので、折り曲げて使うより、少しひと手間加えると、コーヒーの粉からでもおいしいドリップ式コーヒーが飲めるのです。

市販のコーヒーフィルター

どんな方法でコーヒーフィルターを使っていくのかです。

クイジナートコーヒーメーカーで3通りの方法でコーヒーフィルターが使えます!

1.まずはオーソドックスな、クイジナートで最初から用意されている半永久的に使えるフィルター(ゴールドトーンフィルター)にコーヒーの粉を入れて飲む方法。
唯一の欠点は、細かな粉がコーヒーカップに残るのです。粉がカップ底に少し残るのですが、気にしないで飲むカタチでも普通にあります。

2.クイジナートサイズに合った使い捨てフィルターで飲む方法。市販では6杯~12杯用立型ろ紙のフィルターになります。

限られたお店にしか販売されていませんが、取り寄せるなどして専用のサイズに合ったコーヒーフィルターを使います。(コーヒーの粉が少し残るのが嫌な場合ですね)

3.お店で販売されている2杯~4杯用など、どんな使い捨てコーヒーフィルターでも使えれる方法(一手間かかります、後は上記同様)

どんな使い捨てコーヒー用フィルターでも使えるようにする方法と注意点は?

市販されている一般的な2人~4人用コーヒー用フィルターは、クイジナートコーヒーメーカーで使うのにはサイズは大きいため、そのままでは器に入りません。サイズを小さくするのがコツです。

コーヒーフィルターをセットする

コーヒーフィルターをハサミで上部を2cm程度切り落として使います。こうすることでコーヒーフィルターはクイジナートコーヒーメーカーの器の中にすっぽり収まり、専用フィルターのように使うことができるのです。

粉コーヒーを使う場合、自身はこのような方法で一手間かかりますが、フィルター上部を切り落としてから使い、毎日コーヒーを美味しく飲んでいます。

ここで注意点ですが、大きめのコーヒーフィルターを曲げて使うことも可能ですが、そうするとフィルターバスケットフタを乗せた時に少し上にズレが生じて使いにくくなるのと、機械にも負担がかかります。

普通に販売されいる2人~4人用コーヒーフィルターを使用する場合は、ここはコーヒーフィルター上部をあっさり切り落として使うのが(ハサミを用意しておけば数秒で終わります)経験上ベストです。

コーヒーサーバーにコーヒーをずっとそのまましておくとどうなる?

まずは、長時間淹れたてのコーヒーをサーバーの中に入れておいても風味や味も損なわれ、体にも長時間立ったコーヒーはよくありません。

また、サーバーの底にはコーヒー色の着色が付いてそのままではとれなくなります。人数分(おかわりするなら余分に)余っていても、忘れずにコーヒーサーバーから出来るだけ早く最後までコーヒーを取り出して飲むのがいいですね。

いつでもコーヒーサーバーの内側の底を見ても新品同様きれいなシルバーメタリックの色が初々しです。

マグカップ用のコーヒーカップで、たっぷりコーヒーを飲みたい場合は?

クイジナートコーヒーメーカーの水量の人数分の目盛りは、マグカップ用ではなく、レギュラーサイズ用になっているため、マグカップで飲みたい場合は、コーヒーの粉も少し多めにして、前もって入れる水量も増やしておきます。このあたりは、水の量やコーヒーの濃さなどお好みで試してみることがいいでしょうか。

コーヒードリップ用に押すボタンは?

あとは写真あるように、セット後、Grind offボタンとon/offボタンの2つのボタンを押すだけ。自動でコーヒーを抽出してドリップ仕上がりを待って・・・美味しくコーヒーが飲めます♪

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です