ボダム フレンチプレスコーヒーメーカー シャンボールで最高のコーヒータイム満喫!

ボダム フレンチプレス コーヒーメーカー シャンボール 1L

ボダム フレンチプレス コーヒーメーカー シャンボール 1.0Lは、ゆったりとコーヒーの味わいそのものが楽しめるコーヒーメーカー。

お気に入りの粗びきコーヒー豆をボダムの器に直接入れて、コーヒー本来の味や、仕上がり過程も見ながらいっしょに楽しめるのがいいですね。

ボダム フレンチプレス コーヒーメーカー シャンボールは、コストコオンラインで販売していますが、どんなコーヒーメーカー?なのでしょうか。

今回は、スターバックスのカティカティブレンドの粗びき豆、ペルーチュンキのコーヒー豆を使って、実際に飲んでみました。

ボダムフレンチコーヒーメーカーで淹れたコーヒーについてになります。

ボダム フレンチプレス コーヒーメーカー シャンボールは、どんなコーヒーメーカー?

構造や外観、淹れ方もいたってシンプル。粗びきのコーヒー豆を器に直接入れて蒸して4分待つだけ、それだけで淹れたて、出来立てのコーヒーが楽しめる。

そのシンプルさは見ていても楽しめるのが第一印象です。

上の写真は、コーヒー粗びき豆を入れる前の状態で、フィルターを一番下まで押し下げた状態です。

粗びきコーヒーを飲む際はリッドとフィルターを上にあげて取り出した後に、粗びきのコーヒー豆を入れます。

コーヒーの味とアロマ・香りを最大限に引き出せるのが、ボダムの代表的なフレンチプレスコーヒーメーカーで、無駄を省いて美味しさを作るのがボダムの大きな特徴でもあり理念です。

その理念の元につくられたコーヒーメーカーだからこそ美味しくコーヒーが飲めるわけですね。

ボダム シャンボール フレンチプレス コーヒーメーカーの良さは?

BODUM ボダム CHAMBORD シャンボール フレンチプレス コーヒーメーカーは、シンプルでもスタイリッシュ的なデザイン。

古典的なノスタルジック風なデザインで、雰囲気も見ていても良い感じがします。

コーヒーを入れながら見ているだけでも心が落ち着く良さでしょうか。

いったん、コーヒーが仕上げて、出来立てのコーヒーを飲みながら、コーヒーメーカーがあれば、朝もなかなかなものだと思います。(実際は、すぐに片づけますが・・笑)

コーヒーメーカーで淹れるコーヒーと、その後片付けは簡単で思ったほど手間もかかりません。

休日でも、平日でも朝一番のコーヒーもいいですし、夜は一日の疲れをいやす、ボダム シャンボール フレンチプレス コーヒーメーカーがあれば、飲みたい時に一杯の香り高いコーヒーはうれしいものです。

それぞれの生活スタイルに合わせて、好きな銘柄のコーヒーを、手軽に好きな時間に楽しめるのが良さです。

以前はフィルターも使っていましたが、それだと人数分入れる時は、それぞれの入れ終わるまでの時間がかなりかかっていました。

ボダムだと人数分入れて4分待つだけ!

BODUM CHAMBORD フレンチプレス コーヒーメーカーでコーヒーをいれる手順は?

今回は、スターバックスコーヒーのカティカティブレンドの豆を粗挽きでひいてもらいました。

ここでのポイントは、豆は必ず粗びきであることです。

下の写真の豆が粗挽きになります。粉状でなく、少しごつごつしていますね、同梱されたこのスプーン1杯に対して120ccのお湯の割合です。

フタを取ってコーヒー粗びき豆をメーカー器内に入れる

お湯120ccに対し、付属のスプーンで好きな銘柄の粗挽きコーヒー豆を1杯を本体に投入。ヨーロッパでは、1杯120ccが基本ベース。粉だとフィルターが詰まって圧力に変化が出る可能性もあるため。

ただ、マグカップでがっつり飲みたい方は、120ccだと物足りないと思いますので、その倍の240ccは必要かもしれません。

93℃前後のお湯、120cc投入します。もう少しコーヒーが欲しい場合は粗挽きとお湯を増やします。

上部を2.5cm以上残し、本体に沸騰手前のお湯を注ぎ、金属製以外のスプーンで軽くかき混ぜます。金属だとガラス面に傷がつく恐れがあるから。

蒸して4分程度しばらく待つ

プランジャーを押し下げないで、リッド(フタ)を本体の上にはめて、回転させ注ぎ口を閉めて蒸らします。

フランジャーをゆっくり下げる

4分ほど蒸らして待った後、中に入っているプランジャーをゆっくりと押し下げます。

フタを回してコーヒーを注ぐ

リッド(フタ)を回すと注ぎ口が開いて、注ぎ口から美味しいコーヒーをお気に入りのコーヒーカップに注ぎます。

コーヒー豆からブレンダーで挽いて煎れてみると

コーヒー豆から挽いてボダムで淹れてみました。

家にあったブレンダーで挽くことがでるのか試してみたところ、意外と粗挽きでコーヒー豆を挽くことができました。完ぺきではないものの、それでも粗挽きにはなったため、そのまま必要な量だけボダムに移して煎ると、意外とおいしくコーヒーが仕上がりました。

専用のコーヒーグラインダーではないものの、粗びきになるくらいで止めてそのまま利用しました。

ボダム シャンボール フレンチプレス コーヒーメーカー まとめ

ボダム シャンボール フレンチプレス コーヒーメーカーを出してきて、美味しいコーヒーをいれるのも、片付けるのも比較的簡単。

熱いお湯と、お好みの粗びきコーヒー豆、お気に入りのコーヒーカップさえあれば、コーヒーを入れるのも時間がかからず、また手間も少ないのはうれしいものです。

そばに、ボダム シャンボール フレンチプレス コーヒーメーカーさえあれば、一日の始まりも終わりも一杯の淹れたてコーヒーで、生活のリズムも弾んでいくかもしれませんね♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください