コストコで使えるクレジットカードとは?デメリットとメリット、リワードとは?

コストコで最も利用者が多いグローバルカード デメリットとメリットは?

コストコホールセールとは会員制倉庫型店舗スタイルで、品質が高い優良なブランド商品を数多く倉庫店内とコストコオンラインを通して低価格で会員に販売している会員制の倉庫店舗。

コストコで使えるクレジットカードのブランドはマスターカードのみです。

マスターカードであれば、様々の種類のクレジットカードがコストコで使用できます。

クレジットカードのロゴマークがマスターカード(Master Card)であれば、どのクレジットカードでも利用できます。

もちろん、日本全国のコストコ倉庫店だけでなくコストコオンラインでもマスターカードが決済として利用できます。

さらに、日本全国の各コストコ倉庫店に隣接するコストコのガスステーション(ガソリンスタンド)でもマスターカードが利用できるだけでなく、リワード(報酬を意味しますが、ポイントのこと)も入るお得なカードになります。

今回は、コストコで使えるクレジットカードについて見ていきましょう。

コストコ 使える クレジット カードは?

コストコで使えるクレジットカードは上記にあるように唯一マスターカードのみが現在利用できるクレジットカードになります。

当初はアメリカンエクスプレス(アメックス)も併用して利用できましたが、現在はマスターカードを一本化して利用できるクレジットカードになりました。

コストコで使えるマスターカードの代表格がグローバルカード。

コストコ店舗に行くと声をかけられたこともあるかもしれませんね。

レジで並んで見てても分かるように、クレジットカード決済はコストコではグローバルカードが最も利用されているカードですね。

コストコで使えるグローバルカードとは?どこでカードを申し込む方法は?

グローバルカードはオリコが提供しているサービスで、オリコには様々なオリコのクレジットカードがありますが、コストコでメインで利用できる代表格がコストコのグローバルカードになります。

コストコとオリコがメインで提携しているクレジットカードのサービスがコストコ グローバルカードです。

自身はコストコがオープンした時からアメックスカードとグローバルカードを持って使っていましたが

今は前述したようにマスターカードのブランドのみが利用できるため、アメックスカードを解約して、グローバルカードをコストコで長年利用しています。

長年、自身はコストコのグローバルカードを使っていますが、毎年リワード(ポイントのことを意味します。

1ポイントが1円)の報酬だけで、コストコの年会費以上の金額になるため、グローバルカードの決済だけで元を取ることも可能になります。

このあたりは人によって、コストコ以外で多く利用したり、公共料金なども家族でまとめて支払ったりと条件はそれぞれ、利用金額に応じてリワード相当の金額が利用できるため便利ですね。

グローバルカードの申し込みは全国のコストコ倉庫店の店頭かネットでの申し込みでも可能です。

店頭だと免許証または公的身分証明書、コストコ会員カードがあれば店頭での申し込みはできます。

コストコのグローバルカードのデメリットとメリットとは?

コストコで使えるグローバルカードにもデメリットとメリットがあります。

その両方をそれぞれ順番に見てきますね。

コストコのグローバルカードのデメリットベスト3は?

1.オリコポイントが有効な12月31日のリワード使用期限を超える年をまたぐと(新年の1月1日を迎えると)、グローバルカードのリワード(1年間貯めたポイント、1リワード1円)が無くなります。

つまり新年の1月1日を迎えるとリワードは消滅します。

2.コストコ会員を退会すると、貯めたポイントはコストコで利用できません。

なぜなら、リワードが利用できるのが唯一コストコだけだからです。

リワードがグローバルカードに残っていても、コストコ退会すると入店できないため利用ができなくなるからです。

リワードのうまい使い方、無駄にならないコストコのリワードの利用の方法もあります。

3.コストコのグローバルカードを退会する際は。自分で電話をして解約しまします。

年会費は1年に1回以上利用するとグローバルカードの年会費の 1,375円(税込)は無料になります。

ただし、コストコの年会費も無料にはなりません。

年会費が無料になるのはグローバルカードの年会費のことで年一回以上の買い物で決済した場合のみ年会費は無料。

1年間に一度も利用しない場合は、グローバルカードの年会費はかかります。

ただ、コストコ会員であれば1年に1回以上利用すると思われるため、10円でも100円でも利用すると、それで1回使ったことになるため、その瞬間にグローバルカードの年会費はタダ、無料になります。

コストコのグローバルカードのメリットベスト3は?

1.日本全国のコストコ倉庫店でグローバルカードを決済に使用した場合にリワードが付きます。(リワードの利用は毎年2月以降~12月31日までコストコにて)

2.日本全国のコストコ倉庫店に隣接するコストコガスステーション(ガソリンスタンド)でグローバルカードを決済として使った場合は、同じようにリワードが付きます。

3.コストコに限らず、コストコ以外で決済として使用した時もリワードが付きます。

順に見ていきますね。

上記1番と2番では、日本全国のコストコ倉庫店でグローバルカードを決済に使用した場合にリワードが付くリワード(一般的にはポイントにあたるもの、1リワード=1円=1ポイント、コストコではポイントとは言わず、正式にはリワード、報酬から来ている意味ですね )

コストコ(隣接するコストコガスステーションでも)でグローバルカードを決済に利用した場合は、使った金額の1.5倍のリワードがつきます。使った金額の1.5%の割合でリワードが後につきます。

一般のコストコ会員がコストコ内で買い物をしてグローバルカードで決済した場合

決済金額の1.5%が後に付与されます。

100円で1リワード=1.5円、1,000円だったら、10リワード=15円

エグゼクティブ会員がコストコで買い物をしてグローバルカードで決済した場合

決済金額の2%が後に付与されます。

100円で1リワード=2円、1,000円だったら、20リワード=20円

3.コストコ以外でも使った金額の1%のリワードが付与されます。

この場合コストコの一般会員もエグゼクティブ会員も、同じく一律、決済金額の1%が後に付与されます。

同じように、100円で1リワード=1円、1,000円だったら、10リワード=10円が後々付与されます。

コストコ以外だから、例えば、コンビニ、通販を含むネットの売買、公共料金の支払いなど。

そうしたコストコ以外で買い物などグローバルカードで決済した場合も、年一回以上の使用となり、その時点でグローバルカードの年会費の 1,375円(税込)は無用となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください