コストコ ゴミ袋 45リットル用はコスパ最高のゴミ袋!100枚入 おすすめ理由は?

コストコ ごみ袋 45リットル

ゴミ袋は地元スーパーと比べて約5倍くらい値段の差の差があるため、燃えるゴミ袋が市町村の対象のゴミ袋であれば、迷わず即買したいくらい超コスパの高いゴミ袋なのです。

今回はこんな驚きのゴミ袋についてみていきます。

コストコ ゴミ袋 45リットル用はコスパ最高のゴミ袋な理由は?

ずばり、魅力あるコストコのゴミ袋の値段、燃えるゴミ用のゴミ袋。

100枚入りで648円、1枚当たり約6.5円

45リットル用のゴミ袋と言えば、コストコで販売しているセンサー付きゴミ箱と相性がピッタリあてはまるゴミ袋。


コストコのセンサー付きゴミ箱は47リットル用のゴミ箱を販売しているため、燃えるゴミ用の45リッターゴミ袋がそのまま合うわけですね。

スーパーで売られている燃えるゴミ用の45リットル用ゴミ袋は、10枚入りで300円。

1枚30円もするのです。

それを毎週2回、月に8回ゴミに出すと、240円はゴミ袋として使っていることになります

ところが、コストコのゴミ袋では1枚約6.5円、1/5の値段。

ただし、これには注意が1点必要です。

市町村指定の燃えるゴミ用のゴミ袋の場合、使えないゴミ袋?使用できるゴミ袋を確認要?

確認が必要になります。

つまり、市町村指定のゴミ袋の場合は、ゴミ袋表面に〇〇市指定ゴミ袋と明記さてれいます。

例えば、ゴミ袋の色も乳白色だったり、黒色だったり、ひも付きが悪い場合、いい場合など
色々な取り決めのゴミ袋になっているのです。

ゴミ袋が高いのは、それだけ手数料を市町村がゴミ袋で徴収している仕組みです。

ゴミ袋が安いのは市町村で手数料をとっていない市町村になります。

そのため、コストコで販売しているゴミ袋が安いのは、その市町村のゴミ袋に手数料を取っていないため安く販売もできるのですね。

その市町村が指定しているコストコのゴミ袋であれば、そのままその市町村で使用できるためコスパは高くなります。

つまり、お住まいの市町村で利用が可能でコストコでゴミ袋の在庫があればお買い得になるのです。

反対に、表記されてる対象外の市町村地区では、そのゴミ袋は使用できません。

仮に使用すると持って行ってもらえないことになるため注意が必要になります。

欲しくてもその対象の市町村のゴミ袋はメーカーでもコストコでもゴミ袋が売っていないことが多いのです。

それゆえ、そうしたことを確認の上、市町村で使用できるゴミ袋をコストコで見つけたら即買いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください