ハーシーズ・シロップを使ってみた!レシピも多彩。チョコレートシロップはプロも!

スポンサーリンク

ハーシーズのチョコレートシロップとは?プロも使用?

業務用シェアNo1で、濃厚でなめらかなチョコレート本来の味わいが人気で、バレインタインのチョコだけではなく、デザートや菓子に線描きやデコレーションも飾り付けたい時も重宝されるハーシーズのチョコレートシロップです。

今回、コストコで2本入りのハーシーズ・シロップ チョコシロップを購入しました。

2本入りのハーシーズ・シロップのチョコレートシロップ

身近な例では、プロのクレープ専門店がクレープの中にトッピングの一つとして使用しています。また、クレープの生地の中にもチョコレートシロップを使用して彩りを添え、チョコレート味の活かして華やかさを演出している業務用でプロも使うチョコレート味に添えるトッピングとして大活躍しているのです。

見た目だけでも美味しそうに感じますが、実際クレープにチョコレートシロップをかけると美味しさは倍増しました。前回に試したクレープづくりに早速使用しています。

クレープに使ったチョコシロップ

ましてやチョコレート好きなら・・クレープ好きも・・。

クレープやアイスクリーム、バナナチョコレート、パンやデザートにも合います。

バナナにチョコシロップをかけました

そもそもハーシーはチョコレートメーカー、その製品群のひとつに「ハーシーズ・シロップ」があります。

チョコレートを溶かす、練るの手間がいならない液状のお手軽チョコレートシロップなのです。

牛乳にチョコレートシロップを使用

大さじ一杯のハーシーズ・シロップに100ccの牛乳に入れるとホットチョコレートドリンクが楽しめるということで、早速、作ってみました。ホットチョコレートになって美味しく飲めます。

ホットチョコレートになります

チョコレートシロップの中には、ぶどう糖果糖液、水あめ、ココア、砂糖、食塩、保存料(ソルビン酸カリウム、増粘剤(キサンタンガム)、香料が入っています。

エネルギーは、100gあたり259Kcal、容量623gで原産国はアメリカです。

チョコレートシロップのレシピも多く、デザートの幅が広がります。

ハーシーズ チョコ シロップ レシピは多彩に!

ハーシーズ チョコレートシロップで作るレシピも色々あります。ハーシーズのチョコシロップのサイトでも下記のように多くのレシピがあります。

カフェモカ、ホットチョコオレンジ、チョコレートババロア、カフェキャラメル、キャラメルアップルティー、キャラメルミルフィーユ、チョコシュー、モンブラン、

チョコブッセ、チョコレート・ビッシュ、ハート・ショコラ、キャラメルプリン、チョコレートムースのクレープ、チョコレートムース・バナナキャラメルムース、

チョコレートブリュレ・キャラメルブリュレ、チョコケーキ、黒団子のチョコレートシロップかけ、キャラメルわらびもち、etc.

チョコレートムースのクレープ

その中でも、すぐにでも出来そうなレシピの一つに、チョコレートムースのクレープがありました。これは美味しそうで簡単に出来そうな感じがしませんか?

小麦粉 30g
グラニュー糖 12g
塩 少々
牛 乳 100cc
全 卵 50g
生クリーム 80g
グラニュー糖 8g

上記がハーシーズのサイトからパティシエも推奨しているレシピになります。

クレープを下に曲げて、生クリームにハーシーチョコレートシロップを混ぜています。

クレープ専門店もびっくりの美味しそうなデザートですね。

そして、シンプルタイプとして、実際に作ってみました。↓↓

関連記事 : ハーシーチョコレートシロップは、バレンタインもホワイトデーも活躍?

薄力小麦粉使用しフライパンでクレープを作ってみた!味や食感、成功は?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です