WMF ドイツ製業務用エスプレッソ・コーヒーマシン 1100Sとは?

WMF ドイツ製業務用エスプレッソ・コーヒーマシン 1100S

WMF WMF1100Sは、ドイツ製の業務用エスプレッソ・コーヒーマシンとあって設置場所は、ホテル用、レストラン用、カフェバー用や会社でも大人数が集う場所に最適ですね。

80杯のコーヒーが一度で作れるため、完全に業務用、プロ用の仕様となっています。

ドイツ製だからガッチリ堅固のイメージ、あらかじめコーヒー豆やミルクパウダーをセットしておくと、お好みの飲みたいコーヒーのボタンを押だけで仕上がるため、種類の多さを含めコンビニのコーヒーマシンより上をいくエスプレッソコーヒーマシンとも言えます。

コストコオンラインで販売されていいるWMF ドイツ製業務用エスプレッソ・コーヒーマシン 1100Sは、どんな種類のコーヒーが出来るのでしょうか?

エスプレッソ・コーヒーマシン 1100Sにできるコーヒーの種類は多彩?

ブレンド、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノ、ホットミルク、カフェモカ、ココア、抹茶ラテ、紅茶と多くの種類のコーヒーをはじめ、様々な種類の飲み物が提供可能となっているのですね。

ただし、上記に加えて合計24のメニューの種類の中から固定した8種類のメニューから飲み物を提供する感じでしょうか。

まさに本格的な大型ホテル級のコーヒーマシンですね。というか、一般的なホテルでもこれだけの種類の中から好きなコーヒーを選んで飲めるコーヒーマシンはなかなかありません。

そのため、このコーヒーマシンで大きな差別化が図れるでしょうか。

業務用だからエスプレッソ・コーヒーマシンの販売金額も半端ありませんが、ずっと使用してサービス提供できるため、その提供価値はあります。

つまりお好みのコーヒーを無料で提供するサービスも1つ、また元がとれるように有料でコーヒーを販売するのも1つの方法ですね。

上のYoutubeでも、見ているとその考え方のひとつに有料で提供されていました。その価値は十分ありますね。

自身はあるホテルに宿泊した際に、朝食は好きなコーヒードリンクとして数多くの種類のコーヒーサービスを提供されていましたが、これほど多くの種類は無かったです。

一般的なエスプレッソを含めて3種類から4種類といったところでした。

WMF WMF1100S、ドイツ製の業務用エスプレッソ・コーヒーマシンのメリットは?

これだけ多くの種類のコーヒーを豆をその都度ひいてお好みの種類のコーヒーを提供できるため、例えばホテルでも有料でコーヒーを提供してもいいですね。

セブンイレブンでもコーヒーマシン上部にコーヒー豆を入れてあるのが見えますね、この「コーヒー豆の見える化」で、コーヒーの愛飲家や購入者が新鮮なコーヒーを飲める、淹れたてのコーヒーがその都度飲めると分かるのは、ビジュアル面からしても新鮮さからしても大きなメリットですね。

WMF WMF1100S・ドイツ製の業務用エスプレッソ・コーヒーマシンも、高級感のあるスプレッソ・コーヒーマシンの外観や中身からみても、人が多く集まる場所に設置してサービスを提供することで同じように大きなメリットになりますね。

エスプレッソ・コーヒーマシン WMF WMF1100S 仕様

電源 単相 100V (アース付き)

クリーニング 全自動/錠剤

静音グラインダー採用、エコモード搭載

1日当たりの推奨杯数 約80杯

電力 1.5kw

重量 約25.5kg

外形寸法(mm) W325×D561×H500(オプション装着時:555)

給水 内臓タンク式4.5L / 水道直結式( 13mmΦ バルブ止め) オプション有り

排水 トレー受け / 直排水式( 40mmΦ 立ち上げ) オプション有り

・電源100V、給水は内蔵タンク式(直結可)

・セルフ向けのマシン

・WMF史上最小マシン

・新クリーニングシステム「Click&Clean」でミルクの自動洗浄が可能

 ミルクのお手入れ簡単クリーニングタブレットを入れるだけで洗浄が可能。

・通常の拡張ホッパーに、1つのホッパーに2パウダー仕様の新拡張機能可

・オートスチーム機能が使える拡張機能可

販売価格には搬入費用と設置調整費用が含まれ、北海道と沖縄への配送は、別途配送費用が発生。

受注確認後、販売メーカーよりお電話あり。納品への日程調整と追加でかかる費用のご確認要。

まとめ

利用推奨場所は、ホテル、SM、CVS、レストラン、カフェバー等とはいえ、その他いろいろな場面でも利用できるサービスが可能ですね。

会社でも自動販売機よりも有料でコーヒーサービスがあれば、昼食時や休憩時など外出しなくても、ちょっとした社内のカフェバーとしてコーヒーブレークするだけでも仕事の効率は上がりそうな気もします。

往復する時間を考えても、休憩時間を有効に生かしてお好みのコーヒーを飲める贅沢もなかなかいいようにも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください