コストコ さくらどりの胸肉でつくるレシピ/むね肉タレ焼きステーキを作ってみた!

コストコさくらどりの胸肉でつくる焼きステーキ

同じさくらどりでも、チキンの部位によって呼び名が違うように

肉質も普通に焼くだけではジューシーさが比較的ある

とりもも肉と

パサつきがちな

むね肉があります。

ただ、火加減や焼き方、煮方によっては

パサつきがちな鶏むね肉もしっとり感のある肉質にかわります。

パサつき感が嫌いな家族のため

今回はコストコのさくらどりむね肉を使って

フライパンで「しっとり感のとれるむね肉」が食べたく

焼いて食べてみました。

コストコで定番のさくらどり・むね肉を購入、フライパンで焼いて調理!

コストコで定番のさくらどり・むね肉を購入して

柔らかいむね肉

しっとり感のあるコストコの『さくらどりむね肉』に調理したく購入。

むね肉のバックを広げると下の写真のように4つパックに広がります。

その内の1つを今回使い、残りは冷凍しました。

レシピはいろいろ調べながら最終仕上がりイメージが

自分に合いそうなレシピで調理。

  • 今回、フライパン使用して、鶏むねを焼きたいこと。
  • コストコのさくらどり「むね肉」でしっとり感のある食感に
  • パサつきのない、柔らかいむね肉に仕上がること。
  • おいしいソースで焼いた胸肉に仕上がることをイメージ。

これらが今回の最終イメージでした。

しっとり・柔らか感のあるむね肉にできたのでしょうか?

チキンサラダに合う胸肉でも

フライパンなどで普通にむね肉を焼くと

どうしてもパサつきます。

逆にチキンサラダではスライスして

サラダに混ぜ合わせると

とてもよく合いおいしいですね。

回収完成によって変わってきますね。

さくらどり むね肉で柔らかいむね肉を作るには?

むね肉をそのままフライパンで焼くと普通は均一的に焼けません。

薄い身の部位は、すぐに焼けて固くなりますし

厚い身のところは焼く時間が必要になるため

中まで焼けるのには少し時間がかかります。

上の写真はさくらどりむね肉の1パック分(1/4)

残り (3/4) は冷凍に。

そのため、むね肉の厚い身の部位を

切り裂き少し伸ばして全体を均一広げて

塩少々と小麦粉をまぶします。

(小麦粉はしっとり・ジューシー感を保つため必須ですね)

そして、その後に元にあったむね肉のカタチ、状態に戻して

フライパンで皮付きの部位面から焼き始めます。

数分ある程度、焼けてきたら焼き目を確認して

むね肉を広げて、反対面にひっくり返して

裏面を少し焼いて完成させます。

さくらどり むね肉を焼いた後にソースづくり

フライパンは洗わず、そのフライパンの中に

バター一切れ、しょう油とみりんを同分量 をいれて

かき混ぜてとろみができるまで

また、強火だと焦げてしまうので

注意していきます。

そしてソースを回しながら味見をし

好みのソースになるまで

混ぜていき完成させていきます。

最後に、皿に取り出した焼きむね肉の上に

フライパンで仕上げたソースをかけて完成です。

しっとり感があって、パサつきのない

とりむね肉をおいしく食べられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください