GOURMIA デジタルエアーフライヤー GAF798は、楽してカリカリ食感!?

GOURMIA デジタルエアフライヤー

最近は、従来からある素材を整えて、順に料理をするタイプから、手軽に時短で楽にパッと作る料理器具がもてはやされている時代にきている感がありますね。

それでいて料理だけでなく食後の片づけも楽にしたい、外出しなくてもおうちで簡単に料理したい傾向もあるのでしようか。

今回は、手軽に調理できる、GOURMIA デジタルエアーフライヤー GAF798を見ていきたいと思います。

そもそもエアフライヤーとは?どんな仕組みになっていて便利なの?

エアフライヤーは文字通り、「エアー」(空気)+「フライヤー」(フライを調理する)が直訳になりますが

空気で温めてフライを作るみたいなことになります。空気といっても、生ぬるい温風ではなく熱い温風(ピザやケーキをつくる際にオーブン内の高い温度で熱風を作り出す感じ)で食材に当てて、食材の持つ水分を利用して熱処理して食材を調理していく形です。

そのため、油で揚げたりしなくてもいいため、体にやさしく食材もちゃんと仕上がる利点があります。

エアフライヤーのメリットとデメリットは?

どんな調理器具にもメリットとデメリットはあるのですが、GOURMIA デジタルエアーフライヤー GAF798での利点など見てきますね。

エアフライヤーのメリットは?

楽して、手早く調理して、おいしく食べられる、片付けも楽ちんを望むところ。

これが最大のメリットですね。調理には調理の持ち場があるわけですが、それに近い調理をすることでもおいしく食べられれば、これはこれでいいことになます。

毎日、毎食みたいなことは出来なくもないのですが、たまに急に、あれが食べたくなった!今ある食材でサッと食べたいことってありますね。そうした場合に、そばにエアフライヤーがあれば、簡単料理ができてしまうのがいいですね。

エアフライヤーのデメリットは?

エアフライヤーはオールマイティ、なんでもかんでもできるわけではありません。

例えば、以前に登場したポテトチップスを油で揚げるのと、レンジやオーブン、トースターで焼いてみた結果があるように、つかう調理器具にも適材適所は存在します。

ポテトチップスひとつをとってもそうですね。でも、油を用意して、揚げて、片付けてするととても大変!

ある意味、食材の準備から片付けまでの手間と時間をとる覚悟が必要です。笑

コロッケづくりもそうですね。ところがエアフライヤーでは、そうした衣が付いた冷凍コロッケやメンチカツなどは苦手の部類に入ります。油で揚げたもの比べると見劣りはしてしまいます。

そうしたデメリット以外の食材を使っていけばおいしく食べられるため、メリットが生かせる食材を使って調理していくと、早く楽においしく食べられるため、これまでおっくうでできなかったことができるのは大きいと思います。

エアフライヤー まとめ

エアフライヤーに限らず、圧力鍋でも電気で調理できてしまう、さらに多彩に調理する際にはシャープのヘルシオも便利な調理器具になります。そのように美味しいものを時間をかけて作る一方で、手抜きしても早くおいしく食べられる調理器具を利用するのも今の時代にマッチングしていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください