有機ドライブルーベリーをコストコで購入、ラムブルーベリーチョコを作ってみた!

有機ドライブルーベリーでラムブルーベリーチョコレートを作ってみた

ラムレーズンチョコレートでなく、ラムブルーベリーチョコレートを手間かけず簡単に作ってみました。

コストコで販売している、有機ドライブルーベリーを一度ラム酒に浸し一晩寝かします。

チョコを温めた後、わずか1分で即席のラムチョコレートを完成しそのまま冷蔵庫に。

ただし、もとになるラム酒かブランデーが必要ですが、お菓子コーナーで安く調達できます。

今回はコストコの定番でもある有機ドライブルーベリーについて見ていきます。

有機ドライブルーベリーでラムブルーベリーチョコレートを速攻で作る材料は?

コストコの有機ドライブルーベリー(カークランドブランド)↓ ↓

コストコのブルーベリー 残留農薬を洗って食べる

とは言っても、ラムレーズンでもそうですが、ラムと言うからにはラム酒が必要になります。

ラム酒は近くのスーパーで(販売しているところは少ないかもしれません、以前は大半でしたが)

または、業務専門のスーパーで販売していました。税込み330円程度です。

それと、板チョコ1枚(税込み約100円以下)

甘味を出したい場合は、はちみつ、またはメープルシロップか砂糖少々(甘味出す程度)

そして、本体のドライブルーベリー、今回はコストコの有機ドライブルーベリーです。

カークランド・有機ドライブルーベリー

価格は、税込み1,538円

ラムブルーベリーチョコレートの作り方

今回は有機ドライブルーベリーを使って、できるだけ簡単に手間かけないラムブルーベリーチョコを作ってみました。

味は、あのラムレーズンチョコをイメージしています。

今回は、どこにでもある薄めの板チョコを使います。

コストコの有機ドライブルーベリーをラム酒に1晩つけ置きします。

ラム酒をドライブルーベリーの中まで浸透させたいため、ラム酒の中に一晩漬けておきます。

チョコレート一枚分のため、ラムレーズンも割りチョコの上に乗せる数だけ(チョコを割る分だけ)

板チョコの箱を開けて銀紙を取りはらい、チョコの空箱を広げて裏にします。

一晩ラム酒に浸してドライブルーベリーは写真にあるように柔らかくなっているため ↓ ↓

チョコレートの上にドライブルーベリーを一つずつ乗せます。

もちろん、お皿の上でもOKです。

ラムレーズンチョコ風に食べたいためだけに、単に市販のチョコレートの上に簡単に置いていく感じ。

板チョコ1枚を表にして電子レンジに入れて、チョコを約30秒暖めます(500W)

取り出したチョコを確認して、ラムブルーベリーチョコを1個ずつチョコの上に順に並べてます。

チョコが柔らかいためラムドライブルーベリーを下に押すとチョコにめり込むので正解です。

一度、25度~30秒でいつたんレンジを止めて様子を見るほうがいいでしょうか。

今回、手間はあまりかけずに簡単にできる、ラムブルーベリーチョコレート。

暖めが長いと溶けて崩壊します。^^

そのまま冷蔵庫で冷やして完成。

冷蔵庫で冷やしたチョコを出して、チョコを包丁で線通りに切れば完成です。包丁を温めてから切ってもいいですね。

コストコの有機ドライブルーベリーを使って完成した

オリジナル・ラムブルーベリーチョコレートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください