コストコの九州産のほうれん草を購入、調理して食べてみた味、量、食感、感想は?

スポンサーリンク

コストコの『九州産の冷凍ほうれん草です』を購入、食べてみると?

九州の指定農場で栽培されていて

コストコが販売している
九州産のほうれん草」は新鮮な内にカットして急速冷凍した商品です。

九州産のほうれん草です

そもそも冷凍のほうれん草は、生のホウレン草に勝てるのか

それとも、やっぱり冷凍のホウレン草なのかです。

それはやっぱり本来ある姿、生のホウレン草を茹でるなり

焼くなりして食べるのは一番美味しいわけですが

冷凍もののホウレン草は代役が果たせるのかが最初に来ます。

もちろん、スーパーで購入したホウレン草は一度、水洗いして

切って、茹でる、焼くなど手間はかかるわけですが

その分、栄養価も水でずっと洗っていないかぎり

すぐに落ちるものではありません。

むしろ、冷凍にする前はどんな処理をしていたのかが心配するところですね。

ほうれん草の食べ方や一袋の重さ、保存期限は?

袋の裏面に記載されていますが

電子レンジでは100gで500Wのレンジであれば2分40秒

600Wでは2分20秒など・・

手間ひまかけずにホウレン草が食べられるのが便利なわけです。

味噌汁に入れるのもいいですし
レンジに入れずにフライパンに油を入れてそのまま炒めてもいいのです。

茹でる場合
袋から取り出した後、そのまま沸騰したお湯に入れて再沸騰すれば仕上がりです。

700gが袋に冷凍状態で入っていて、保存は1年4ケ月間も保存できる保存食とも言えます。

ほうれん草の生産国、生産県、栄養価については?

ほうれん草の生産国は
ウイキによると世界では中国が85%を占め、アメリカ、日本と続くのです。

日本国内では、千葉県、埼玉県、群馬県、宮崎県、茨木県と続き関東が大半を占めている中

コストコの『九州産の冷凍ほうれん草』は宮崎県か福岡県あたりになると思われます。

ビタミンAや葉酸が豊富に含まれ、ルテインというカロテノイドを多く含み栄養価は高いですね。

緑黄色野菜の中では鉄分が多く
また葉酸は鉄分の吸収を促進して貧血予防に繋がる事でも知られています。

調理も様々ですが
食卓ではよく、おひたし、胡麻和え、バター炒めが定番になっているかと思います。

おひたしは、よく食卓でいただきますし、バター炒めは、某ファミレスの定番ですね。
(こんな冷凍ホウレン草が使われてるかもしれません)

いづれの調理法でも美味しく、ご飯にも、一杯のおかずにも合います。

コストコの『九州産の冷凍ほうれん草』を食べたみた感想は?

フライパンを加熱して、袋から取り出して一人80gで食べてみました。

冷凍ホウレン草を一人分

三人分の分量だと、240gで下記のように。
冷凍ホウレン草の三人分

ウインナーと合うかと思い、いっしょに焼いて塩コショウ

フライパンで冷凍ホウレン草を炒める

食べ見た結果・・・

なかなかの味で悪くはありませんでした。
カットしてあるので、歯に少しひっかかります。(生でも同じか。笑)

調理後の一人分では
カットしてある『ほうれん草』なので

おひたしのように、等分に切ってあるものと違って

カットしてある分、炒めるとどうしても一気に小さくなってしまいます。
(一人分の80gは少々少ない感じもします、100gは欲しいところ。
そうすると、家族によっては1袋はあっと言う間に無くなってしまうことに。)

味や食感は抜群に良いとは言えませんが、それなりに美味しく食べられ重宝しそうな

カット済み冷凍ほうれん草と言えます。

色々な食卓の場面に登場しそうな便利な『ほうれん草』でしょうか。

ちなみに、永谷園の即席みそ汁に使われているホウレン草があったので
参考に撮ってみました。
即席の味噌汁に入っているホウレン草

これをお湯を入れると・・こんな感じの味噌汁の中に
ホウレン草が入っています。
よくある味噌汁の中のホウレン草

(それなりに、これも悪くはありません)
そして、オススメ度は6~7(10点満点中、独断です!)です。
コストコの『九州産のホウレン草です』でした。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です