丸大ハム骨なしチキンを時短・おいしさ・手軽さ求めてコストコでゲットして食べると?

「丸大ハム 骨なしチキン」

まったくそのとおり。まずは手軽さ、時短で食べられるのがうれしい!

手軽さ・時短がすくれていても美味さが無ければ意味はないですね。

それがそなわっているのが丸大ハムの骨なしチキン。コストコで販売中でした。

今回は、コストコで購入した「丸大ハム 骨なしチキン」を見ていきます。

「丸大ハム 骨なしチキン」は何が良くてどんなものに合う?おかず・つまみは

ご飯のおかずにも合うし、もちろんお酒・ビール・ウイスキーのつまみにも、めちゃくちゃ合います。

外見のパッケージを見ると、いかにもおいしそうに見えても、いざ買って食べると今一みたいのもあるかもしれません。

この「丸大ハム 骨なしチキン」は、レンジで温めるだけで(写真は袋から取り出したチキン)

マックのチキンナゲットケンタッキー・フライドチキンにも負けなくくらい美味しいのです。

写真のように取り出しただけではスパイシーさは分かるもののの

調理してみて食べると見た目より意外性も感じます。

名称フライドチキン
肉質国産若鶏むね肉
特徴12種類の香辛料でスパイシーに
内容量・重量800g
保存方法冷蔵4℃以下
エネルギー100gあたり177Kcal

丸大ハム骨なしチキン

名称 フライドチキン

まずは、「丸大ハム 骨なしチキン」食べてみての

個人的感想のデメリットとメリットを先に見ていきます。

人によって味・食感など感じ方はそれぞあると思います。

骨なしチキンを調理する3つの方法は?

骨なしチキンを袋から取り出して食べるには3つの方法があります。

この丸大ハムの骨なしチキンは下記のどの方法でも美味しく食べられると思います。

と、言うのも以前紹介していた冷凍のフライドポテトの調理方法も3つの方法がありましたが

その場合、油で揚げるのが一番おいしく食べられるのが分かっています。

しかしです、骨なしチキンは電子レンジでも、オーブンでも

また油で揚げる方法のいづれかでも美味しく食べられます。

電子レンジでチンして美味しく食べられれば、あとはどの方法でも美味しく食べられると思います。

ただし、油で揚げる場合は170℃~180℃で、それ以下だとべとつくので揚げる温度は高めを意識しておくといいですね。

オーブントースターで調理する

オーブントースターで調理する場合は

①アルミホイルを庫内に敷いて余熱。

②骨なしチキンを取り出して中央に均一に並べる。

③下記の時間で熱します。

オーブントースター調理5個10個
800W~1,000W約4分約5分

電子レンジで調理する

電子レンジで調理する場合は下記の時間を目安に温めてください。

余りに長く熱すると水分が飛んでジューシーさが損なわれる可能性もあるかもしれません。

2個だと1分余り温めてみて確認、お好みの時間で。

電子レンジ調理5個10個
500W約1分30秒約2分10秒
600W約1分20秒約2分

電子レンジの後は、お好みでオーブントースターで少しカラッと温めると、外はパリパリ感も出ます。

ちなみに、単独電子レンジで2個を2分弱温めると、写真のようにお皿のまわりに水滴がかなりついてきます。

ここまで時間をかける必要はなく1分あまりで十分ですね。

油で揚げて調理

170℃~180℃で約2分間程度、油で揚げます。

このあたりは1分超えたところで残りの時間をお好みで調整してみるのもいいでしょうか。

ちなみに、温度が低いとベトつきます。

「丸大ハム 骨なしチキン」のデメリットは?

唯一、デメリットとしてあるのはジューシーさ。

鶏肉のむね肉を使っていますが

本来、鶏むね肉であれば調理の仕方によってパサパサします。

冷蔵である限りはある程度はしかたがないことも。

コストコのむね肉をパックで購入して調理すればジューシーさがでるのは

以前の記事の中でも紹介していましたが

冷蔵食品をレンジで戻して食べる場合は、なかなか難しい点もあるでしょうか。

若鶏の胸肉のためジューシーさほど強く感じられないものの

パサつきはありません。

それでも下記のようにメリットは5点のポイントから分かるように

デメリットを打ち消すくらいいい感じの「丸大ハム 骨なしチキン」です。

「丸大ハム 骨なしチキン」のメリットは5点のポイントから分かる!

特質すべきは

1.肉厚

2.柔らかさ。スパイシーさ

3.食べ込んでも飽きがこない

4.簡単に仕上がりが食べられる

5.時短で超早く食べられる

この5点が最大のメリットであり、購入して良かったと思えたところです。

骨なしチキンの肉厚さは食事でもよく合う?

スパイシーさは先に感じるものの

まずは、袋を開けて取り出した見た目から飛び込んできます。

コンパクトになっていてゴツクナイ手ごろで食べやすい大きさ。

しかも一つひとつが肉厚を感じる食べたなる大きさです。

この大きさがあれば、食事の一品にそえるのも全然ありでした。

ご飯といっしょにおいしく食べられました。

12種類のスパイスとハーブのスパイシーさが突出していて柔らかい?

骨なしチキンのスパイシーさは突出しています。

袋を開封するとまずは、最初にそのスパイシーさの香りが周りに漂います。

おそらく、この12種類のスパイスとハーブが作るスパイシーさの香りが最大の売りの一つですね。

そして、レンジでチンして食べると、その柔らかさが感じられ食べやすい。

食べ込んでも飽きがこないのはどうして?

それは、肉厚でもコンパクトにまとまった肉厚とスパイシーさが加わり

食欲をキープしたままいけるのと、コンパクトさがあるため次にもハシが進む感じ。

ビールかウイスキーなどアルコールといっしょに食べたら

それこそどんどん食べてしまいそう。パーティや人が集まる席でもいいですね。自制して。汗

大きさとスパイスがほどよく効いているいる感じだと思います。

簡単に仕上がりが食べられる

骨なしチキンと言えども何かしなければと思っていました。

電子レンジでチンで仕上がるため簡単さはうれしいところです。

時短にもつながります。

これだったら、わざわざチキンを調理しなくてもと、いった幻想もふと浮かびました。笑

チキンを時短できるのはうれしいもの

やつぱり、食事の準備など考えると時には時短は最強です。

いつも手抜きは感心しませんが、急いているとき、今日は何にしようかと思うときなどなど。

冷蔵の骨なしチキンがあると、心にも余裕ができて?時短して手軽にお酒の一品に加えるのは全然ありです。

ご飯のお供にももちろん最適です。

丸大ハム骨なしチキンまとめ

以上のように、おひとり様で食べる時や大勢で食べる場合や食事の一品、お酒のおつまみなど、どんな場面でも簡単に手間暇かけず、しかも時短で調理しておいしく食べらるのがこの骨なしチキンのいいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください