キッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカーのデメリットとメリットは?

キッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカー

キッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカー(Kitchen Aid Cold Brew Coffee Maker)は、万人全ての人に合うコーヒーメーカーではありません。

とは言っても、一人でもかなり消費する場合は合っている、反対にほとんど飲まない方には違うコーヒーメーカーがおススメになります。

では、キッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカーは、どんなコーヒーメーカーなのでしょうか?

キッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカーとは?

文字どおりキッチンで手助けできる水だしコーヒーが作れる機械?

えっ?

直訳すると意味が通りませんが、なんとなくイメージはできるでしょうか?

コーヒーメーカーとはなっていますが、紅茶や緑茶、煎茶、その他のお茶を水出しできるのが、このキッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカー。

一度作れば、量があるため、冷えたコーヒーを注いでそのまま飲んだ後は、次に美味しく飲めるように冷蔵庫で冷やすなりして、必要な時には取り出してコーヒーを注ぐだけ。

例えば、レストランにあるようなセルフのドリンクサーバーから飲み物を好きなだけコップに注げる便利なサーバーになっています。

コストコでいうと、ドリンクバーにあるやつ。笑

自分たちがセルフでコーラーやお茶やジュースをコップ1杯に注いで飲んでいるあのイメージですね。

それをスマートなデザインで製品化しているのです。

機械の構造や目的は根本的に違いますが、自分たちで好きな量を好きな時に注いで飲むのはいいですね。

キッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカーのデメリットは?

デメリットは、1人や2人の少人数で少量のコーヒーを入れて飲むなどの場合は、キッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカーは、向いていないかもしれません。

それなら、少量のコーヒーを飲めるコーヒーサーバーは色々あります。そちらを使った方が手早いし、ずっと残ったコーヒーを長期間置いておかなくても、その都度飲みたい時に飲めるほうがいいでしょうか。

また、最初は1日冷蔵庫の中で冷やして水出しするため、今すぐ飲みたい場合は違うコーヒーメーカーで飲むのがいいかもしれません。

1日、冷蔵庫でゆっくり寝かしてから、冷えたコーヒーを飲むには最適ですが、おいしく飲むには寝かす時間は必要になります。

キッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカーのメリットは?

Kitchen Aid Cold Brew Coffee Maker

反対に、大勢の人や家族、知り合いで飲む場合や、一人や二人の少人数でも結構、ドリンクを飲むといった場合はキッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカーは向いています。

というかピッタリで、そのためにあるようなものです。

自身も夏や暑い時などは、どんなに少なくとも一日でコーヒーを5杯~6杯以上は飲みます。

午前中に2杯以上、午後からは3倍以上は飲みます。そうした場合は10杯程度作り置きしておけば、2日間は楽しんで飲めることになります。

また、大勢の人が集まるホームパーティに、一日冷蔵庫で冷やしたキッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカーのドリンクをサーバー代わりにして利用すると、みんなからも便利がられて喜ばれるでしょう。

その場合は、2回転くらいの量は必要になるでしょうか。まさに威力を発揮しますね。

しかも、ドリンクフィルターは使い捨てしなくもいいため、経済的にもいいですね。

例えば、コーヒーでしたら粗びきがフィルター内で、水出しコーヒーの味を十分引き出してくれます。

後片付けが楽にできるのも大きなメリットになります。

キッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカー まとめ

このように、キッチンエイド コールドブリュー コーヒーメーカーは、使う用途や目的によってはピッタリハマり、反対にほとんど一日に飲まない、消費しない場合は他のコーヒーメーカーの方が利用しやすいかもしれません。

そのあたりを使い分けしていくと、とても便利に使い勝手のいいコーヒーメーカーとして活躍すること間違いないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください