DRiVe-X ドライビングシミュレーターは、迫力とリアルさ満載!プロレーサーも練習使用している!?

DRiVe-X ドライビングシミュレーター

DRiVe-X ドライビングシミュレーターは、運転者目線でフォーミュラーマシンやGTマシンのレーシングマシンと同じような体感が得られる。

レーシングカーの動きと同じなため、一体感が半端なくリアルを実感できるドライビングシミュレーターは、走りが実感できるためドライバーの運転技術がモロに出るため、運転の実力が問われるかもしれません。

今回は、コストコでも販売されているDRiVe-X ドライビングシミュレーターを見ていきます。

DRiVe-X ドライビングシミュレーター

フォーミュラカーとは?GTマシンは?

フォーミュラカーレースの最高峰が F1ですが、自動車レース用に製造されたタイヤが露出して単座席のレーシングカーですね。一人乗りのレーシングカーで座席やハンドルは低く作られ露出したタイヤが特徴的です。

排気量などによって,大きいものからF1、F3000、F3となっていますが、F1はよくテレビでも見かけます。

一方、GTとはGrand Touring (グランドツーリング)の略で、見た目は市販車を大掛かりな改造したレーシングカーとも言えます。

車体が低く、よく車の尾っぽにスポイラー(平たい羽のようなもの)を取り付けて走行するGTレーシングカー。

一般の自動車のお尻にも飾りでスポイラーを付けて走っているのをよく見かけますね。

DRiVe-X ドライビングシミュレーターの値段は?

DRiVe-X ドライビングシミュレーターの値段もさることながら、それだけの価値あるドライビングシミュレーターはセミプロやプロドライバーにもふさわしいマシンとも言えます。

DRiVe-X ドライビングシミュレーターの値段はズバリ

コストコオンラインの基本価格で ¥2,380,000

必要とする人には価値があるでしょう。

DRiVe-X ドライビングシミュレーターとは?

DRiVe-X ドライビングシミュレーターは、文字通りドライビングシミュレーター。

現役プロレーサーが開発した日本製のリアルレーシングカーで、コックピットに一旦座るともはやレーシングドライバー目線に変わり、トレーニングマシンとして魅了されると思う!

一度、コックピットに座るとDRiVe-Xとドライバーとの一体感でマシンの集中力が全てで

一瞬のよそ見は、クラッシュ確実、ドライバーの細かな動きはそのまま走行マシンに直結しているため
再現性の高さからプロのドライバーも練習用として使えるスペックがスゴイ。

本当に細かな動きと乗り心地が再現されて練習用のドライビングシミュレーターは誰もが試してみたいマシンではないでしょうか。

DRiVe-X ドライビングシミュレーターの仕様は?

本体サイズ:L 1470mm x W 790mm x H 835mm

本体一式:約115kg

マシンの色は、ブラック、ブルー、ホワイト、レッドのボディカラーから選択します。

モノコック構造で、

高剛性、最新のレーシングマシンと同様にドライバー目線でドライビングテクニックを駆使できます。

DRiVe-X ドライビングシミュレーター まとめ

DRiVe-X ドライビングシミュレーターは、一度は試してみたいマシンですね。

恐らく、ゲームセンターにあるドライビングシミュレーターとは格が違うはず。

1週目のタイヤの温まり方、2週目のタイヤの温まり方にコースでは違いがあるように、プロドライバーが練習用に使っているくらいだから、それ相応のドライバーテクニックも必要とされますが、使えば使うほど楽しめそう!?

詳細はコストコにお問い合わせしてから検討して下さいね。

以上、DRiVe-X ドライビングシミュレーターについてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください