コストコのcallbee potato(カルビーポテト)はどんなジャガイモ?

カルビーポテト

コストコで販売しているcallbee potato(カルビーポテト)はどんなジャガイモなのでしょうか。

普通にスーパーに売っているジャガイモとどうちがうのでしょうか?気になることろです。

callbee potatoと頭に冠がつくくらい何か特別のジャガイモなのか、それともカルビーポテトチップスができる元のジャガイモなのか興味あるところです。

コストコのカルビーポテト(callbee potato)どんなジャガイモ?どんな料理に適する?

callbee potato(カルビーポテト)は、佐賀県産の「ぽろしり」になります。カルビーポテトでは、初の自社開発品種で、病気に強く、味も良いため生産者に人気の品種になっているようです。

callbee potato(カルビーポテト)ジャガイモそのものは糖分が低めで、煮ても崩れにくいジャガイモです。

あのポテトチップスやフライドポテトに適していて、食感が楽しめるジャガイモと言えます。

フライドポテトは、短冊形の直方体(マックのフライドポテトのようなイメージ)で切って、油で揚げればフライドポテトになりますし、また、カルビーのポテトチップスみたいにするなら、カルビーポテトをスライスして、そのまま油で揚げるとポテトチップスになります。

ただ、フライドポテトであれば、一度蒸してから短冊立方体に切って揚げると、比較的短時間で揚げられます。

直接、ジャガイモを切って揚げるとジャガイモの芯まで通るのに時間がかかるため、蒸した後に油で揚げると比較的早く油揚げでフライドポテトが仕上がります。

さらに、その他の用途として煮物の崩れが少ないため、煮物料理にも適したジャガイモになります。

また、カルビーが自社開発2つ目の品種には、「ゆきふたば」があり、たくさん採れて、長期貯蔵に向きのジャガイモで、こうしてジャガイモの新しい品種開発から生まれたジャガイモたちがいるのですね。

カルビーポテト(callbee potato)はどんな会社?

そもそも、カルビーポテトを作っている会社って?callbee potato(カルビーポテト)のジャガイモを販売している会社で、ポテトチップスを作っている企業なのです。

カルビーポテトは、じゃがいもに関係するすべての仕事をしていて、あの、カルビーのポテトチップス用や、オリジナル商品の開発も行い、例えば、オリジナル品種では「ポロシリ」があります。

オリジナルだけではなく、品種改良や先端栽培技術の導入、栽培・収穫のサポートによって調達した高品質なじゃがいもを技術力で日本に供給している会社なのです。

ジャガイモは、硬くて煮て崩れない、崩れやすい?どんな料理に向く?

でも、ジャガイモというと、それこそ色々なジャガイモがあって、どのジャガイモがどの料理にいいのか、ぱっと見た目では分かりずらいこともあります。

料理にジャガイモを使うときに、どんなジャガイモがあって煮ても崩れにくいのか、それとも崩れやすいのか、上記にも簡単に記載しています。

コストコで販売しているジャガイモ「ぽろしり」は、上記の表では右側の煮崩れしにくいジャガイモでしたね。

知らない時に、煮ても煮ても硬いままだったこともありました。汗

違う品種のジャガイモで煮込んでもなかなか柔らかくならないジャガイモがあるため、そんな時は圧力鍋で時短するのが早いですね。

といっても、圧力鍋で時間をかけたわりには、そんなに柔らかくならない品種もあったため経験値も大切にしたいところです。

コストコのカルビーポテト(callbee potato)まとめ

コストコのカルビーポテト(callbee potato)は

ポテトチップスに最適(カルビーポテトをスライス切りにして油で揚げる)

フライドポテト(カルビーポテトを一度蒸してから、フライドポテトのサイズに切って油で揚げると、短時間で仕上がる)

③煮崩れがしにくいため、煮物に最適なジャガイモ

以上の中から、食べてみたい、試してみたいもの、またお好みの料理に合わせてカルビーポテトを使ってみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください