ダウニーズハニーバターを厚切りトースト付けて食べると味は?

一般的に、バターは色々なメーカーから出ていますが、バターに近いものにマーガリンがあって、今まではよくマーガリンは使ったことが度々ありましたが、最近はマーガリンはできるだけ避けています。

保存剤や添加物のできるだけ入っていないものや少なめのものを使っています。

週に何度かトーストを食べることがあるため、コストコでダウニーズハニーバターが目に入り、ハチミツメインのバターのようなので、試してみることにしました。

一体どんなハニーバターなのでしょうか?興味はありますよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダウニーズハニーバターとは?試したい理由とは?

まずは、このダウニーズハニーバター、バターはバターなのですが、ただのバターではありません。

添加物が不使用でかつ、90%の割合で蜂蜜が入っているハニーバター(ハチミツバター)なのです。

つまり、ハチミツ対バターが、90% : 10%なので、ほぼハチミツということになります。

ダウニーズハニーバター1

以前に、大きめのビンの中にハチミツたっぶり入っている瓶詰めのハチミツを、養蜂家の方から直接頂いたことがあったので、そのハチミツを毎週、トーストに使っていることもあって美味しさは十分わかっていました。

このダウニーズハニーバター、ハチミツとバターの組み合わせになっていて、一般的にはバターの量と比較して、蜂蜜がバターの量より少し多いだけのものがほとんどであったり、ハチミツがちょっとだけ入っている、風味を付けているものもあるのですが

ところが、このダニーズハニーバターは原料の90% 以上がハチミツだから驚きです。
本当?みたいに。

うれしいのは低脂肪、無添加で、しかも90% 以上が蜂蜜なのです。
その逆の量のパターンは普通にあります。

ダウニーズハニーバターは、227グラムの容器で箱入りになって2個入っています。

厚切りトーストにダウニーズハニーバターをたっぷりつけるとどうなった?

普通は、トースターやオーブンで焼き立てのトーストに、バターだけをつけるバターの風味の厚切りトーストはすごくいい香りがして、味、香り、食感は最高ですよね。

日曜日の朝にコーヒー、タマゴ、生野菜、ヨーグルトがあれば、それは最高の朝食になります。

と、言うわけで早速、ダウニーズハニーバターを厚切りトーストにつけてみました。

ダウニーズハニーバターの中身や、専用取りスプーンでとる付け具合は?

ダウニーズハニーバターは要冷蔵ではあるので、そのまま冷蔵庫から取り出して開封すると、普通のマーガリンのような形状をしています。

形状、固さはピーナツバターに似ているかもしれません。そのままだと専用のスプーンを使ってみると少しやはり固い状態、少し取りにくい感じです。

冷蔵庫から出してきたために、力を少し入れてはにとれますが、焼き立てのトーストにつけても、すぐには伸びません。

ダウニーズハニーバター3

そのため、1枚、2枚分に相当するハニーバターをとり、焼きたてのパンににつけて、トーストの暖かさで溶かすようにサンドイッチのように2枚をはさんでおおいます。

やがて溶けてくるので、その溶けたハニーバターを伸ばします。冷蔵庫から取り出したバターはそのまま付けて伸ばすことができるにはできますが、伸びが悪いので温めて伸ばしたほうがムラができないし、伸びがいいですね。

ダウニーズハニーバターを厚切りトーストに付けて食べた味は?

厚切りのパンにバター、ハチミツだけをつけて食べることはこれまでありましたが、この90%のハチミツが入っている割合でトーストつけて食べた試しはありません。

美味しく食べられるでしょうし、この場合は90%のハチミツが占めているため甘いことは想像できますね。

ハチミツたっぷりのたっぷり入っているバターを塗るとトーストはどのような風味や味になるのでしょうか?

そして、熱々の焼きたてトーストにつけて食べてみると・・・

ダウニーズハニーバター2

味はやはり甘い!が第一印象。

ハチミツがたっぶり入っているわけですから、普通にそうはなりますね。

確かに、ハチミツが多い分、甘いわけですが、ジャムの甘さとは違います。バターの風味は抑えられている感じですね。

それでも、トーストには合いますね。ピーナツバターとは違ったハチミツ独特の甘さが感じられます。また、次もつけて食べたくなるわけです。おやつにも合います。

それよりも、お菓子など作る際にも合う素材でもありますね。箱には簡単レシピも載っています。

ベーグルサンド

ベーグルサンドを横半分にスライスして、オーブントースターで温めます。

ベーグルの上半分にハニーバターをたっぷり塗り、下半分にクリームチーズもたっぷりと塗って上下を合わせればシンプルながらも、ハチミツ味のベーグルの出来上がりです。

必ずしも、ベーグルでなくても、コストコや市販のディナーロールやロールパンでもいいわけです。

簡単焼りんご

火が通りやすくなるように、りんごの周りにつまようじなどでいくつも穴を開けます。

少し深めにりんごの芯をくり抜き、

くりぬいた中にハニーバターお好みでレーズンなどを、好きなトッピングを詰めます。

電子レンジの調理時間はりんごの種類、大きさによって調整していきます。

りんごは酸味のあるものがオススメ。

シナモンをかけたりアイスクリームを添えても美味しく食べられるのですね。調理のアレンジ次第で、バリエーションは広がりそうです。

加える素材は好みのものを使えば、色々な種類のデザートが仕上がりそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください