コストコのベイリーブス(Bay Leaves)・ローレルの使い方は?

スポンサーリンク

コストコのベイリーブス(ローレル)とは?

ベイリーブス(ローレル)は、月桂樹の葉を乾燥させた葉っぱそのものの形を、ホウルスパイス(ホールスパイス)と言って

コストコのベイリーブスホール

細かく粉状にしたパウダースパイス(粉状のスパイス)と対を成します。

ホール(全体の・全部を意味しています)は、葉っぱ全体の形そのもの(ベイリーブスである月桂樹の葉を皿に乗せた写真は下に)をスパイスとして使います。

ベイリーブスの主産地は、ギリシャ、トルコ、カナリア諸島、イタリア、フランス、スペインなど、地中海に面した国やヨーロッパです。

地中海に面した主産地は、香りがより良いとされていますが、このスパイシーな香りは独特で、日本ではちょっと見られないかもしれません。

コストコで購入した、ベイリーブス(ローレル)はトルコが原産国で、表示は業務用となっていましたが

袋からベイリーブスの葉っぱ1枚を取り出したり、また袋に入っているベイリーブスの香りを嗅いでも、そんなに強い香りではなくて、ハーブ的な、緩やかな優しい香りがします。

例えば、ホールトマトはトマトまるごと缶に入っているのと同様に、ホールスパイスは粉状のパウダーではなく、月桂樹の葉っぱ、そのもので、触った感覚も乾燥していてパリパリ感が十分で日持ちがします。

全部で何十枚と入って、分量も50gの量があるので、使用後に素材が湿らないように袋の上にジッパーファスナーで閉じて長期の保管ができるようになっていて、

開封後は、吸湿、虫害、退色を避けるため、ジッパーで閉じて冷暗所に保管と記載されています。

賞味期限は2年間と長く、ずっと使えるのが嬉しいですね。(乾燥させてあるのも、その要因の一つですね、湿らないように)

ベイリーブスはどうやって使うの?

『月桂樹の葉を乾燥させたホールスパイス』なので、葉の形そのものを残したままで使用しますが、濃厚ではないスパイシーな控えめ、薄めの香りを料理に利用します。

もちろん、スパイスとして料理に使用するので、カレーやシチュー、煮込む料理やブイヤベースなど

魚や肉の臭みを取る場合(煮込みなどは葉をそのものを魚・肉に加えて煮込んで、料理が仕上がったら取り去ります)にも利用されています。

例えば、カレーに使用する場合、月桂樹の葉っぱをパキッと割って入れたり、もんでから入れたり、そのまま鍋に入れて、仕上がったら引き上げる感じで使うと、

ベイリーブスホールの月桂樹の葉っぱ

ほんのりスパイシーな香りが出ます。

この場合、葉を割ることや、もんだりちぎってから入れると、より一層香りが強まるのですね。(上の写真が月桂樹の葉っぱを皿に乗せたところ、枠内の部分は葉っぱを割ってみた)

ただ、長く煮込み入れたまま、ずっと使うと苦みが強く残るので、料理が完成したらベイリーブス取り出します。

香りをカレー内に残し移す感じにします。

カレーをもっとスパイシーにするには、油を使って、まず火で油を温め、ベイリーブスをフライパンなどに入れて、混ぜて月桂樹の香りを油に移してから取り出しますが、

この時、ニンニクやおろし生姜を一緒に入れて混ぜると更に、ベイリーブスの香りが引き立ちます。

その後、玉ねぎを入れて、きつね色になるまで焦がさず炒め、さらにジャガイモ、人参も軽く炒めて(絶対焦がしゃダメ。笑)

カレーに入れる素材づくりを完成させていきます。

こうして、カレーやスパイス一つをとっても、使用方法は本格的にもなり、

また、料理の一つとしても、香りを楽しめ、奥深い香りと味わいになっていきます。

スパイスの利用は人ぞれぞれの使用方法があるので、楽しみ方も色々、料理のメニュー、素材や使い方、工夫次第で、食卓も香りと味わいが広がりそうですね。

そして、オススメ度は7(10点満点中、独断です!)です。

工夫次第で引き立つ、コストコのベイリーブスホール(ローレル)でした。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です