コストコ2019クリスマスケーキ/ホリデーシフォンケーキ特長や値段、大きさは?

スポンサーリンク

オープン当時から、コストコのクリスマスケーキのカタチと言えば、2018年のクリスマスまでは、箱型の立方体のクリスマスケーキでした。

これがコストコの定番のクリスマスケーキですね。

中身にはスポンジに米粉を使ったり、小麦粉だったり、またクリームはマスカルポーネだったりしました。

2019年のコストコのクリスマスケーキは気になりますが、一体どんなケーキになったのか見ていきましょう。

コストコのクリスマスケーキの価格や大きさ、特長は?

価格は2,598円(税込み)、正式名称はホリデーシフォンケーキ。

2016年のクリスマスケーキの値段(2,480円)と比べても、100円しか値上がりしていないのはいいですね。

では、大きさや形はどうなった?

2019年のコストコのX’masケーキは直径が18Cmの6号、高さは8.5Cmと高さのあるクリスマスケーキでした。

2019年コストコのクリスマスケーキは、思い切って丸型に変身

2019年コストコのXmasケーキ

クリスマスケーキと言えばやはり丸型は見慣れています。

人それぞれの好みにもよりますが、ノエルや箱型だとクリスマスらしくないから?

定番中の定番と言えば、やはり丸型のクリスマスケーキ。

さっそく、一足早く購入してみました。

今回の2019年のクリスマスケーキ「ホリデーシフォンケーキ」です。

これまでは予約して購入していましたが、2019年は予約は無くて直接倉庫店で購入するカタチです。

また、これまで、コストコで購入していたクリスマスケーキですが、2018年のクリスマスケーキは、他の店の丸型のクリスマスケーキを予約して購入しました。

でも、2019年は価格と丸型は初登場のためコストコで購入しました。

2019年コストコクリスマスケーキの中身どんな感じ?

箱からケーキを取り出すと、意外とシンプルで大きさを感じます。

外見からだと、そんなに大きくはないのですが、家に持ち帰って出してみると、意外の大きさでした。特に高さがあるので、そう感じるのかもしれません。

では、実際に切ってみると、断面はどうなっている?

一般的には、ケーキの断面は2層や3層になっていて、生クリームやイチゴが入っています。

コストコのクリスマスケーキでは、層は無く、丸型ケーキの中心にマスカルポーネのクリームが詰まっているカタチです。

シフォンケーキだから、仕上がり後、中心の穴にマスカルポーネクリームを入れていますね。

下記の写真でも見えるようにクリームの量はそこそこありますね。

丸形ケーキの中心にマスカルポーネのクリームが詰まっているカタチ

それは、生クリームやイチゴなどの材料費を抑えるコストであったり、クリームを多く入れると甘くなったりなど、いくつかの理由はあると思います。

でも、中心のクリームを伸ばしていくと、2層分は使っています。

2019年のケーキは多層ではない、シフォンケーキで、まとめている感じです。

イチゴはトップに乗っているイチゴと飾りの板チョコ。

底面周りにあるホワイトチョコレート、ケーキ内の中心の芯にはマスカルポーネクリームの配置に。

クリスマスケーキの中身や味は?おいしい?スポンジや断面、食感は?

ケーキにナイフを入れて切ると、その断面の美しさに目を引きます。

断面のスポンジのキメの細かさは素晴らしいですね。

一般の家庭では、ここまできめの細かなスポンジを作るのは、なかなか難しいかもしれません。

それでいて、ソフトでしっとり感はあります。

そして、ケーキの高さは8.5Cmと高さも十二分に取れているというか、シフォンケーキの型枠を使用?もあって、想像以上に高さが確保されています。

クリスマスケーキの中心にマスカルポーネクリームがあ

4分の1に断面を切り分けて皿に盛ると、クリームの重さで上の写真のとおり、前方に傾いてしまいます。

切り分けた見た目はちょっと残念!

では、味や食感はどんな感じ?

意外と甘くないので、人によりますが1/8なら簡単に完食してしまいます。

食感的にも良くて食べやすいですね。

ただ、1/4ともなると、ちょっとカロリーが気になり、少し引いてしまいます。

おすすめは、1/8を一回ずつ、2日に分けて早めに食べるのがいいですね。

残りは、家族で食べるか、どうしても余ったら冷凍する方法も。

賞味期限は、4℃程度の冷蔵保存で2日~3日程度あるので、早めに食べて、どうしても残ったら冷凍保存にするといいでしょうか。

3日過ぎると、クリームも含めて恐らく少しパサつくと思われるので、最大2日間で食べるのが理想です。

ただ、ちょっと残念だったのは、2層~3層のイチゴ入りのクリスマスケーキで、この値段であればなお良かった、といった感想はあります。

これが3,000円以上だと、やはり差別化が難しくなるので、シンプルでまとめたのだと思います。普通はこのサイズでは2層、3層の断面で3000円以上優にします。

イチゴは高いので、コストを抑えるならしかたがないかもしれません。

ホリデーシフォンケーキの保存方法や原材料名は?

名称: 洋生菓子

原材料名: ケーキ(卵、砂糖、乳等を主要原料とする食品、小麦粉、植物油脂、その他)、

乳等を主要原料とする食品、イチゴ、ナチュラルチーズ、チョコレート、イチゴソース、ナパージュ、桃ペースト、砂糖、加糖卵黄/トレハロース、乳化剤、膨張剤、加糖デンプン、糊料(増粘多糖類、塩化カルシウム、加工デンプン)、セルロース、香料、PH調整剤、酸味料、メタリン酸ナトリウム、保存料(ソルビン酸K)、クエン酸K、酸化防止剤(V.C、亜硫酸塩)、着色料(アントシアニン、コチニール)、調味料(アミノ酸)、(一部に小麦、卵、乳成分、ゼラチン、大豆、モモを含む)

保存方法: 要冷蔵4度C以下

冷蔵庫では乾燥を防ぐためラップは必要です。

冷凍も同じで、長くても1ケ月以内に完食ですね。もっともおやつで食べていくとすぐでしょうか。

まとめ(2019年のコストコのクリスマスケーキ)

このような、2019年のコストコのクリスマスケーキでした。

2019年のホリデーシフォンケーキ

見た目よりシンプルで、意外にも味や甘さは前回より落ち着いた感じで、初となる丸型のクリスマスケーキでした。生地も甘さもしっかりしているでしょうか。

ただ、2層、3層にわたってイチゴ入り、クリーム入りで、この値段だったら文句なしのクリスマスケーキでした。

そこは値段とおいしさとの相談ですね。

ただ、ここは名前通り、ホリデーシフォンケーキなので、休日のシフォンケーキに最適化されて、しかし、クリスマスに兼用してもいいですよー(それがメインとも思われます)みたいな感じでしょうか。

クリスマスに家族がそろって食べるには十分ですね。もちろんシングルにも!

ハッピーホリデイ!

コストコクリスマスケーキ関連記事:

2018年のコストコのクリスマスケーキの特徴や予約・販売期間は?

2017年コストコのクリスマスケーキ12月発売を一足先に食べた感想は?

コストコのクリスマスケーキ2017年を予約しました!去年と比べてケーキの違いは?

クリスマスケーキ、コストコ 『タキシードケーキ』 対 『クリスマスロールケーキ』どっち?

コストコ クリスマスケーキの予約開始!2016年ケーキ受取日、種類と大きさ、金額は?

クリスマスケーキを作るベース・自作のスポンジケーキを作る関連記事:

スポンジケーキを絶対成功させる5つの秘訣は?パート1

スポンジケーキを絶対成功させる5つの秘訣は?パート2

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください